学校法人鶴学園 なぎさ公園小学校

なぎさ公園小学校ブログ

わ食弁当の日〜「和」「輪」「環」「話」〜同じ釜の飯を食う^^

 

今日は恒例のプログラム「わ食弁当の日」でした。

なぎさ公園小学校では今年、6月19日と12月7日を

「わ食弁当の日」としています。

■「同じ釜の飯を食う」ことによって食についての会話を楽しむこと

■自然の恵みに感謝し、なるべく(個々に事情が異なるので)

 残さずに食べること

■食事の所作やマナーを身につけること

■食育だよりや食育放送、学級指導を通して「食」に関する

 知識を身につけること

 

を目標に毎年行っています。

なぎさ公園小学校で育てた食材も使われています。

 

 

みんな楽しそうに食べています

 

 

バランスよく食べていますね

どのクラスも互いに顔が見えやすいように輪になって食べていました。

 

食べた後は、容器のシールをはがして、リユースです。

 

 

なぎさ公園小学校の昼食はお弁当です。

しかし、年に2回「同じ釜の飯を食う」ことで、

さまざまな学びを共有します。

 知育、体育、徳育、そして食育… 子どもたちの心身の発育を

網羅する4つの「育」。

なぎさ公園小学校では開校当初から4つの「育」を重視した

プログラムを作っています。

 

 

 

 

 

 

更新日:2018.06.19 Tuesday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


遊学塾〜一工夫でおいしく!お弁当マジック〜親子でクッキング♪

一昨日(6月16日)の土曜日に遊学塾で

「一工夫でおいしく!お弁当マジック」と題して、

親子クッキング教室を開催しました。

遊学塾は保護者会(なぎさ会)のプログラムで、保護者の方々に

新しい学びや面白い学びを提供するプログラムです。

 今回は平野陽子先生(料理教室主宰)をお招きして、

一工夫でお弁当づくりが手早く簡単に美味しくできるという

マジックを教えていただきました。

いろいろな雑誌にもコラムやレシピの紹介をなさっています。

準備中の平野先生。お花をアレンジして材料の並べ方にも一工夫。テーブルの印象が

違います。

とてもたくさんの参加者でにぎわいました^^ みなさん関心が高いようです。

わくわくしていますねぇ…^^

先生の説明にも真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

お魚も先生が焼くかれると、かりっとぷりっとふんわり焼きあがります。

いよいよ実践編。まずガスコンロをつけるのも緊張です。最近はIHが多いので…。

 

なかなか手馴れた雰囲気ですねぇ

 

 

 

 

保護者の方も

子どもたちもとても熱心にメモをとっていました。

これはご家庭でもすぐに実践できますね^^

見事な焼き上がりです。鶏をぱりっとこんがり焼くには水分をきちんと

拭きとって焼くのがコツなのだそうです。

 また、下ごしらえの工夫をしっかり教えていただきましたので、

わたしも実践してみようと思っています。

試食用のお皿をセッティング。箸遣いが料理人のようですね^^

 

決め手は3種類のソース。食材が変わればまったく違うお料理になります。

 

 

 

みんなでとてもおいしく頂きました。

 

最後にはお持ち帰り用のソースを作らせていただきました。

平野先生がソースづくりは子どもたちの担当がいいですよ とおっしゃった

ので、子どもたちは自分の仕事として作っていました。真剣です。

 

折しも外では1年生の懇親会が行われていました。

よく晴れたさわやかな土曜日。とても幸せな時間でした。

 

食べることは、直接体にものを入れることです。どんなものをどういう風に食べるか、

とても大事なことです。食べることを大事にすることは命を大事にすることにつながります^^

 

次回は7月21日、夏の手づくりデザート(夏のおやつ編)です。

楽しみ〜♪

 

 

 

 

 

更新日:2018.06.18 Monday | カテゴリー:保護者


マナー向上体験学習ーJR電車に乗って宮島口までー1・2年生

1・2年生は昨日今日(6月14日)、マナー向上体験学習へ

出かけました。(不思議青:社会科)

 昨日は、つくし組ときく組、今日はこごみ組とゆり組です。

 

やや緊張した面持ちで乗っています。

 

 

 

 

 

1人ひとり自分で切符を持ち、改札を通ります。

 

 

 

駅員さんにお話を聞きます。ホームの待ち方や列車に乗る時などのマナーを勉強します。

質問したり、メモを取ったり、みんな大変熱心に学んでいたと報告がありました^^

 

列車の風圧がどれほどのものか、貨物列車が通り過ぎる風で体感します。

相当強いです。巻き込まれたら大変です。

いざという時は赤旗をパッと出すんよ、と教えてもらいました。

しかし、子どもたちの関心はもっぱら駅員さんの腕章にあるようでした^^

それはそうですよね。子どもたちにとって駅員さんは憧れですから…。

 

 

「何か事故があった時など、緊急の場合にこのSOSボタンを

押します」と教えてもらいました。

このボタンは20メートルおきに設置されているのだそうです。

覚えておこうと思います。

乗り物で通学する子どもたちも多いなぎさ公園小学校です。

体験的に学ぶことで、しっかりとマナーを身に着け、

自他ともに安全に気持ちよく通学できるように努力しています。

 

 マナーは社会の中で、互いに気持ちよく生活していくための知恵です。

マナーの基本は「他者を気遣う」という気持ちです。

 そういう気持ちがなぎさっ子たちに根付くよう、このプログラムは

毎年実施しています。 

 

※校長通信「nagisastyle」をアップしています。

ぜひご覧ください。

 

 

更新日:2018.06.14 Thursday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


Peace Walk−平和公園で外国の方にインタビュー4年生

 

4年生は昨日(6月12日)、ピースウォーク(プロジェクト学習:英語&にんげん)に

出かけました。

平和公園にいらっしゃる外国の方に英語でインタビューをすること、

自分たち自身記念館等で原爆のこと、平和のことを学ぶためです。

インタビューをするチームと学習チームが午前と午後入れ替わりながら

活動します。

 

外国の方に英語でインタビューします。

みなさん 快くインタビューに応じてくださいました

さまざまな質問を用意してピースウォークに臨みました。

 

 

子どもたちの活動を興味深く思われた方が多く、逆に写真を撮られる場面も…

 

 

 

記念館でもしっかり学びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちは、被爆した建物や資料館を見学し、被爆された方のお話を聞くことによって

平和を考えます。

平和公園にはさまざまな国から本当にたくさんの方々がいらしています。

子どもたちは、外国の方にインタビューすることで、平和に対する多様な意見を

知ります。そして、平和な世界をどう築けばよいのか、自分たちに何ができるのかを

考えます。

また、英語を使うことで世界とのつながりを感じながら、日ごろの成果も

試します。

 ピースウォークは、広島で育つなぎさっ子たちにとって、自分たちの未来を

考える大切なプログラムです。

 

 

 

 

更新日:2018.06.13 Wednesday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


あすチャレ!School−永尾嘉章さん−パラ陸上界のレジェンド

 

先週の木曜日(6月7日)、なぎさ公園小学校に永尾嘉章さんが

来てくださいました。

 子どもたちに貴重な学びを提供する体験型授業、「あすチャレ!School」

の講師として来てくださったのです。

永尾さんは、パラリンピックに挑戦し続けて35年。

ソウル大会以降7大会に出場(日本人最多)し、世界選手権など国際大会でも優勝、

上位入賞しているパラ陸上界のレジェンドなのです。

映像を交えながら、障害を持つということ、可能性に挑戦し続けることの意味を

お話しくださいました。

みんな熱心に聞き入っています。

レース用の車いすを見せてくださいました。長さは180僂らいあります。

では、重さは?ということで持ってみたい人を募ったところ、ほぼ全員が手を

挙げていました。

小学生でも軽々と抱えることができます。軽い!

永尾さんは片手で軽々と持ち上げて見せてくださいました。

その後、レース用の車に乗って見せてくださいました。

初めてみるレース用の車に興味津々です。

走っているところやスピードも見せてくださいましたよ。

なんと!時速45キロ! 自動車みたいです!

 

そしていよいよ子どもたちも車いすでのレースを体験。

 

インタビューでは、思ったより難しかったとか、楽しかったとか、コーナーを回る

のが難しかった等など… さまざまな感想が。一様に楽しそうでした。

 

もちろん先生方も挑戦しました。

 

 

子どもたちの応援合戦も大盛り上がり♪

 

最後に「あきらめない」ということについてお話しくださいました。

 

 

二時間余りの授業となりましたが、子どもたちは最後まで熱心に聞き入っていました。

 

永尾さんが障害があってもなくても車いすのスポーツを一緒に楽しんで

欲しいとおっしゃったことが印象的でした。道具を使うことですべての人が

同じスポーツを楽しむことができるという可能性。

最後の5年生のお礼のあいさつにも、永尾さんから多くのことを学んだ時間だった、

これからの自分の毎日に活かしていきたいとありました。

みんなで記念撮影 さぁ!明日からチャレンジ

子どもたちが退場する時にハイタッチで見送ってくださいました。

本物のメダルに子どもたちはわくわく… 触らせてもらっていました。

 

現在は引退なさって、講演会、世界選手権の解説を務める活動の傍ら、

日本パラ陸上競技連盟で後進の指導をなさっています。

 

 なぎさっ子たちが、可能性にチャレンジする気持ちをさらに強くした出会いと

なりました。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

更新日:2018.06.13 Wednesday | カテゴリー:教育目標4:たくましいリーダーを育てたい


修学旅行ー壱岐に別れを告げて…船の別れは万感胸に迫ります

 

壱岐に別れを告げる時、万感胸に迫るものがあります。

それは…

船の上の旅立つ人と港に残る人をつなぐ紙テープでの別れです。

 

四日間の想いが胸に迫ります

 

 

お互いが見えなくなるまで手を振ります。壱岐の方々もずぅっと手を振って

別れを惜しんでくださいました。

 

 

フェリーの中では普段は見ることができない操舵室へおじゃまをして、

いろいろなことを教えていただきました。大きな船ですから操舵室にもたくさんの

船員さんがいらっしゃいました。

 

 

 

これは船長さんの帽子でしょうか。かっこいい!

 

船室ではトランプをしたり…

新幹線ではレポートのまとめをする人も… 感動が薄れないうちに

まとめるといいレポートになるかも…^^

 

予定通り午後4時過ぎに広島へ帰着しました。解散式を終えて、みんな四日ぶりの

わが家へ帰っていきました。今頃は土産話に花が咲いていることでしょう^^

 

三泊四日の修学旅行は、実り多いものとなったようです。

この修学旅行を支えてくださったたくさんの方々に感謝を申し上げます。

 

今晩はみんなゆっくり休んでね^^

 

 

 

更新日:2018.06.08 Friday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


最後まで学びーフェリー操舵室見学ー大きな船を動かすって…

 

修学旅行の一行は帰り、フェリーでの船旅です

と言うのも、実は操舵室を見学させていただくプログラムが

あるのです。

 

海の上は晴れて、気持ちがよさそうですね^^

 

博多港まで二時間あまりの船旅です。昼食も船上でとります。

 

操舵室からの眺め。船長さんは毎日こうやって船を安全に運行させて

いらっしゃるのですね。

 

難しそうな複雑な機器が並んでいます。子どもたちは熱心に説明を受けています。

 

自動車とは全く違って、海の路は何を目印に運行するのでしょう。

船のレーダー わかるようなわからないような…

大きな船を動かす中枢部 操舵室。

実際に見て、びっくりしたり納得したり…。

 

なぎさっ子たちは体験によって、さまざまなものの仕組みや役割を知ります。

体験は深い理解を支えます。子どもたちは得た知識をストックし、

これからさまざまな場面で応用し活用していくことでしょう。

 

13:45には博多港へ着き、15:15の新幹線で帰広する予定です。

お土産話が待ち遠しいです♪

 

更新日:2018.06.08 Friday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


修学旅行最終日(6月8日)ー福川荘にお別れー宿のお父さんお母さんに感謝

 

三泊四日の修学旅行の旅もいよいよ最終日となりました。

朝、退所式でお世話になった宿のお父さんお母さんに

ご挨拶をしお別れをしました。

いろいろと本当にお世話になりました。

 

福川荘でみんなと食べる朝ごはんも最後となりましたね

しかし、旅はまだ続きます。しっかりと食べて^^

 

退所式です。四日間本当によくしていただきました。寂しさが胸に迫ります。

 

お別れに歌のプレゼントです。歌は、「大切なもの」と「ビリーブ」。

子どもたちが心なしか寂しそうに見えます。

 

お父さんからは、「壱岐でしか体験できないことを、たっぷり楽しんでくれる

様子が嬉しかった」こと「石田小の先生方がとても喜ばれていて、お互いに

いい刺激になりましたね」ということをお話いただきました。

最後に「また、帰ってきてね」と…。

 

壱岐の方々は本当に温かいです。子どもたちはこの四日間のことを

決して忘れないでしょう。いつかまた壱岐でお会いできますように。

本当にありがとうございました。

 

 

いつまでも手を振ってくださっていました。

 

子どもたちもいつまでも手を振っていました。やっぱり寂しい…

 

 

良い出会いがあり充実した四日間だったことでしょう。

いつの時も、お別れは寂しいですね

更新日:2018.06.08 Friday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


壱岐修学旅行ー昼間の釣果が夕食に♪ー最後のミーティング

 

いよいよ修学旅行も最後の夜となりました。

 

夕食は昼間の釣果が出ました^^

これはバケツの中でみたお魚ですね。なんと超高級魚の「アコウ」です。すごい!

子どもたちが平らげたそうですが、それはそうでしょ。美味しいはずです♪

 

 

 

 

後片付けもテキパキ^^

 

夕食の後は、昼間の海釣り体験(魚釣り大会)の表彰です。

賞状と景品が渡されました。

 

 

 

 

その後、最後のミーティングです。みんな本当によくがんばりました。

 

保健係です

 

食事係です

 

生活係です

 

班長会です。

 

修学旅行は非日常です。普段と違う生活のペースに加え、友だちと四六時中一緒、

寝食をともにするのですから、相当ながんばりだったことでしょう。

 自分の役割を果たし、三泊四日の修学旅行をここまですすめてきました。

 本当におつかれさま! よくがんばりましたね^^

 

 明日の帰広をお待ち申し上げておりますよ。

 

 

 

 

 

 

更新日:2018.06.08 Friday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


修学旅行三日目も暮れてー盛りだくさんのプログラムでしたね

 

修学旅行三日目の盛りだくさんのプログラムを無事に終了しました。

 しかし、宿では入浴、夕食、片付け、クラスミーティングや係会、明日の準備と

まだまだ活動中ですので、お休みなさいまでは終了とは言えませんね^^

 

 お昼のBBQのご報告には載せられなかった地引網の様子です。

大きな網のようですね

 

たくさんの魚が網にかかっていました。

海の恵みに感謝しながら、お昼に有難く美味しく頂きました。

 

かさごでしょうか。針に毒があるので要注意です。

宿のお父さんが説明してくれています。

 

大物がかかっていたんですねぇ

 

お昼のBBQの後は、海釣り体験です。ここでも宿のお父さんから

この海で獲れる魚の種類について説明を受けます。釣れるといいなぁ

 

佐々木先生と川人先生  真剣です!

 

みんな頑張って釣果もあがったようですよ

 

宿へ帰りついて、夕食の前にお風呂。さっぱりした顔していますね。

今日は後半、海での体験が多かったので海風にあたって汗もかいたでしょう

 

ほっと一息  お疲れさま^^

 

夕食からのご報告はまた後ほど…

 

 

 

更新日:2018.06.07 Thursday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


↑ページの先頭へ