学校法人鶴学園 なぎさ公園小学校

なぎさ公園小学校ブログ

〜なぎさ祭での募金協力のお願い〜

【なぎさ会 3.11プロジェクト委員会より】

 

3.11 プロジェクト委員会では、なぎさ祭【2月16日(日)】で募金活動を行います。

 

募金をしていただいた方に感謝の気持ちを伝えようと、1口100円以上募金して下さった方に豆雑巾をお配りすることにしました!!

(1家庭2つまで)

 

家庭科の先生にアドバイスをいただきながら、委員みんなで豆雑巾作りを行いました〜

 

 

東北の復興を願う気持ちと募金して下さるみなさんへの感謝の気持ちを込めて、

一つ一つ丁寧にミシンで縫いました。

 

 

とっても可愛く仕上がりましたよ!絵画造形の授業でもお使いいただけます☆

 

募金して頂いたお金は、今年度の交流校である「大槌町立大槌学園」に全額寄付します。

 

なぎさ祭当日(2月16日(日))、

理科室(昼食販売会場)とかえで組(3年)の教室に募金箱を設置しますので、ご協力宜しくお願い致します。

 

※なお、豆雑巾は数に限りがありますので、早い時間になくなる可能性があります。ご了承ください。

更新日:2020.02.14 Friday | カテゴリー:行事


1年生 豆まき「オニは〜そと!」

 2月3日は節分です。

 これまで「ひいらぎいわし」や「えほうまき」について学習しました。

 

 

 また、この日に合わせてオニのお面を作りました。

 そのオニは自分の心の中に住む追い出したいオニです。

 

 

 

 

 泣き虫オニだったり…

 おしゃべりオニだったり

 なまけオニだったり…

 

 そんなオニに向かって豆をまきます。

 裃(かみしも)を着て、豆の入ったマスをもって

  

 

 

 

 「オニは〜そと!」

 「福は〜うち!」

 みんなの心からオニが出て行って、たくさんの福が舞い込みますように…。

 

更新日:2020.02.03 Monday | カテゴリー:1年生


今の季節は、毛皮かコートか?

1月30日(木)。広島市の午前10:00の気温は8.6℃でした。

この温度は寒いのか暖かいのか?

 

ビオトープの植物、ニシキギさんに聞いてみることにしました。

つぼみは、固く閉じたまま。まだまだ寒いということでした。

 

クリさんも同じ意見でした。

 

 

ハクモクレンさんに聞いてみると・・・

ふわふわの毛皮をかぶっていました。あったかそうですが、まだ脱げないでいます。

 

ホオノキさんは、コートを脱ぎかけていました。ちょっと前より暖かくなってきたのかな?

 

ネコヤナギさんに聞いてみると、

 

コートを脱いで、銀色の毛皮がのぞいていました。

 

1年生(つくし組)は、不思議緑の授業で冬芽の観察と、葉痕巡りをしていました。

 

被爆アオギリは、幹のあちこちにこんなハンコが押されていました。

 

お正月の門松に活けていたウメの枯れ枝もご覧の通り。春が近づいていることを感じました。

 

図書だよりNo.8にも、冬の樹木観察のヒントになる本の紹介がありました。

 

 

 

更新日:2020.01.30 Thursday | カテゴリー:1年生


ミュージアム学習第4日目まとめ

5年生にとってとても大切なミュージアム学習が終了しました。雪の体験かわメインのプログラムにもかかわらず、今年はまったく雪が降らない中での学習合宿でした。しかし、なぎさっ子は逞しい、、。雪なしプログラムでも、数多く貴重な体験をし、学びを深めてくれました!この経験を活かし、次年度はリーダーとして学校を引っ張っていってくれると信じています。

更新日:2020.01.24 Friday | カテゴリー:-


二分の一成人式

 

涙の二分の一成人式

 

1月18日(土)

二分の一成人式を行いました。

昨年の12月から、大人になるってどんなことなんだろうとアンケートを取り、

キャプテンK(実行委員)を中心に取り組んできました。

10年間育ててくれた家族に感謝の気持ちをもつことはもちろんのことだけど、

10年後の自分の未来を楽しみに、責任ある大人になりたいという気持ちから、

テーマ「夢への一歩〜ぼくらの未来〜」に決まりました。

4年生は、心も体も変化していく学年なので、性教育と兼ね合わせて、「私たちの成長」の学習を行いました。

WYSH教育を受け、個人差や男女の違い、いのちの誕生を学習し、「いのちの誕生は奇跡なんだ」「宝くじが当たるよりすごいんだ」と感動でした。そして、素敵な大人のお手本として、家族の方々の職場での様子や家庭での様子などメッセージつきの

ビデオレターから、子どもたちは、自分の未来へのあこがれやうれしさをもち、

二分の一成人式を企画運営していきました。

また、絵画造形とのプロジェクト学習として、自分へのトロフィーを作り、おうちの方からペナントを書いていただきました。

二分の一成人式の看板撤去などの会場準備、司会などもすべて子だちの手で行われました。

 

本番では、歌やメッセージで一人ひとりの大人への思いを伝えることができました。

ハンカチが手放せない、本当に素敵な式となりました。

 

教室に戻ると、おうちの方々からサプライズのお手紙が机の上に!

ペナントや写真だけでもサプライズで、とっても嬉しいと言っていた子どもたちから

大歓声が上がりました。手紙を静かに開き、読み入る子だちの目から大粒の涙が溢れました。

「こんなに愛されているんだ。」「お父さん、お母さんの思いを大切にしなきゃ」など言葉が出てきました。

 

 

二分の一成人式を行うに際しまして、

ご協力いただきましたご家族の皆様に感謝いたします。

 

更新日:2020.01.24 Friday | カテゴリー:4年生


ミュージアム学習第3日目

3日目の朝は小雨まじりの天気でしたが、みんなの願いが通じ、午前はなぎさオリジナルのネイチャータワープログラムを実施することができました。自然のものを組み合わせて、どれだけの高さのものを作れるかを競います。今年は過去の記録を大幅に更新して、7メートル20センチの大記録が達成されました!午後は、スポーツ雪合戦です。予選リーグから白熱した戦いが見られ、決勝戦では見事なチーム戦が展開されました!

更新日:2020.01.23 Thursday | カテゴリー:-


ミュージアム学習第2日目

今日はミュージアム学習の柱である三瓶自然館サヒメルの学芸員の先生方による出張講義と自然観察を行いました。講義では真剣な表情で聞き入っていました。自然観察では、自分の研究テーマを見つけた児童もおり、実りある学習となりました。

更新日:2020.01.22 Wednesday | カテゴリー:-


ミュージアム学習第1日目

いよいよ、5年生の集大成のミュージアム学習が始まりました。三瓶山周辺の自然をフィールドミュージアムと捉え、自然体験を通して学ぶ合宿学習です。雪がテーマなのですが、残念ながら今年は雪がありません。しかし、なぎさっ子の逞しさ。僅かな雪を見つけて、雪合戦で大はしゃぎしていました。明日からも実りある学習をおこなっていきたいと思います。

更新日:2020.01.21 Tuesday | カテゴリー:-


ふまれて育つ

1月16日(木)。今日は、文化の日(11月3日)、ホワイトデー(3月14日)、(6月1日)と並んで「晴れの特異日」。

晴れの確立が断然増す日といわれています。教材園では、寒さに負けないといわれる大麦が芽を出していました。

 

春の七草も集まっています。

 

大麦は、1年生が「2年生に進級したら麦茶にしよう」と植えたものでしたが、自らの手で(イヤ、足で)踏みつけていきました。

 

ひとりがお手本を示すと、「ぼくも、私も・・・」と、二人、三人・・・

 

さらに足が増え、大麦を痛めつけていきます。そう、「麦踏み」です。

ちなみに、向こうに見える足は、保護者の方々。

 

この刺激で、1粒から1本しか伸びてなかった茎も、「分げつ」と呼ばれる茎の増加が促され、収量も増えるというわけです。

 

本物に触れ、五感を使い、季節感を味わいながら、麦栽培の文化をはぐくむ。なぎさならではの授業が進められていました。

更新日:2020.01.16 Thursday | カテゴリー:1年生


大人になったなぎさっ子の皆さん、成人おめでとうございます!!

1月13日は成人の日です。

なぎさっ子も第4期卒業生が成人の日を迎え、小学校にも遊びに帰ってきてくれました。

 

今回はその中で、お一人にピックアップしてインタビュー形式でご紹介したいと思います☆

 

ーー今、通っている大学を教えてください。

帯広畜産大学の2年生です。

 

ーー将来の夢を教えてください。

将来は犬が好きなので、犬を食の面から支えるドッグフードやペットフードを作ったり、研究する仕事が出来たらいいなと思っています。

 

ーー小学校時代の思い出を教えてください。

AST(After School Time:学童保育)にずっと行っていたのでその思い出は多いです。

皆で一緒に「早く宿題終わらしておやつ食べよ~」と言って過ごしたり、外で遊んだり。

※ASTに遊びに行った時の写真です。この日3年生が鏡開きをしたことを話すと、共通の話題が拡がって盛り上がっていました。変わらぬ教育をされているのですねと喜んでいました。

 

 

ーー小学校で経験したことが今に繋がっているなあと思うことを教えてください。

開けた空間でのびのび過ごさせて貰ったから、「自然」を好きになりました。沼田校舎で馬の世話をしたことも農業に踏み出す一歩が他の人より踏み出しやすかったのかなと思いました。

広島なぎさ中学校・高校では、園芸愛好会に入り学校の空中庭園を借りて野菜を育てていました。

小学校で芝生を刈ったもので堆肥を作っていることを知っていたので、「堆肥を下さい」とお願いしてリヤカーでどっさり持って帰ったこともあります。

 

ーー今のなぎさっ子たちにメッセージをお願いします。

(グラウンドで走り回っている子どもたちを見ながら)楽しそうに過ごしてて、たぶん本人たちも楽しいなと思って過ごしてると思うんですけど、その気持ちを忘れないで欲しいなって。

時々、卒業してもこの小学校で過ごした時間を思い出して欲しいなって思いますね。

 

 

 

最後に、4期生の6年生の担任をされていました原先生・石原先生より

4期生へメッセージがあります。

 

改めまして、4期生の皆さん、

成人おめでとうございます!!

更新日:2020.01.14 Tuesday | カテゴリー:その他


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

イメージ

↑ページの先頭へ