学校法人鶴学園 なぎさ公園小学校

なぎさ公園小学校ブログ

歯は大切ー一生健康な歯でー歯の衛生指導(2年生)

 

先週(12月5日)、2年生は「歯の衛生指導」を受けました。

歯はとても大切だとは気づいているようですが、どうやって歯の健康を

保つのかということについて具体的な方法を学びました。

 

まず歯科医の先生に、磨き残しをチェックするお薬を歯に塗ってもらいます。

 

ちゃんと磨いているのに… 歯の周辺が赤く染まってびっくり

 

みんなの口の中が真っ赤に染まりました^^

 

手鏡を見ながら、赤く染まったところを歯の図に記入していきます。

思いのほか磨き残しがあることに、子どもたちはびっくりしていました。

 

しっかりとチェックができたら、磨き残しのない正しい歯磨きの方法を教わります。

 

 

手鏡で確かめながら、お友だちの手際を見ながら練習しました。

 

きれいに磨けて、磨き残しを示す赤い染料もまったく残っていません。

お見事!

 

このようなことを通して、子どもたちは自分の体のことを意識するようになります。

今回のように、歯が健康であることは、どのようなことにつながっていくのかとか、

自分の体を健康に保つ方法とはなど、未来を生きる子どもたちの心身の健康管理に

つながる学びです。

 

 

 

 

 

更新日:2018.12.11 Tuesday | カテゴリー:委員会


わ食弁当の日ーみんなで同じご飯を食べるー自家製野菜(教材園から)

今日(12月7日)は、「わ食弁当の日」でした。

全校で同じお弁当を食べる日です。教材園でとれた野菜が入っていたり、

小いわしのから揚げを話題に盛り上がったり(2年生は先日田作りを作ったときに

いわしについて学んでいます)、同じお弁当を食べながら、普段にはないさまざまな

場面が出現します。

 

みんなでまあるく輪になって食べました。みんなの顔が見えて楽しそうです^^

 

今日のメニューは、鶏肉と大根の煮物、小鰯のから揚げ、揚げじゃが、

小松菜とコーンのサラダ、ストロベリープチケーキ、菜飯むすび、味噌汁です。

 

大根は1年生が種をまいて育てた自慢の大根です。

お味噌汁に入っている大根ももちろん自家製。そしてシイタケもなぎさ製です。

家庭科室の窓辺で天日干ししてありました。

 

 

大きな大根。

収穫した大根はお弁当を作ってくださる広島駅弁さんへ。葉っぱは先日こちらでも

ご報告した通り、みんなで分けて頂きました。新鮮な大根の葉っぱはビタミンCが

たっぷりです。

 

小いわしのから揚げもおいしく頂きました^^

 

1年生は不慣れなので、6年生がサポートについてくれます。

おいしかった? うん。とってもおいしかった^^

 

片付ける時も6年生のお兄さんお姉さんがサポートします。お弁当箱はエコに

なっていて、フィルムをはがして返却します。みんな上手にできていました。

 

同じお弁当を食べることで、本当にたくさんのすてきな場面が創出されます。

そして、自分たちの畑でとれたものは本当においしくて、みんな笑顔で食べていました。

 

自分たちの口に入るものがどこでとれたものなのか、どうやって作られたものなのかが、

きちんとわかるということはとても大事なことですね^^

 

「わ食弁当の日」についてはお弁当の会社の方とともに何度も打ち合わせをして、

子どもたちにおいしく食べてもらう工夫をしています。

ご協力ありがとうございます。

更新日:2018.12.07 Friday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


交通安全−標語コンクール−最優秀賞表彰式

本日(12月5日)、佐伯区交通安全児童生徒習字・標語コンクール

最優秀賞表彰式が行われました。

4年生の河村波音さんが佐伯区交通安全協会会長賞を受賞しました。

おめでとうございます。

 

 

この標語を見て、普段の自分の運転を振り返ってみました。

急いでいる時など、ついついこの気持ちがなくなっていたりする

ことがあります。どんな時も心にゆとりを持ち、慌てずにゆったりと

した気持ちでゆずりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

更新日:2018.12.05 Wednesday | カテゴリー:教育目標4:たくましいリーダーを育てたい


風とパイプの楽器【パイプオルガン】ー1年生特別授業

本校の講堂には、パイプオルガンがあります

今年も1年生の⌈風とパイプの楽器⌋の特別授業が行われました。
講師は福原之織先生(エリザベト音楽大学教授/元なぎさ公園小学校校長)です。

パイプを風がとおると、長さの違いで高い音、低い音の違いが生まれることを知り、

世界のパイプオルガンのことも聞きました。

その土地にふさわしいようにつくられており、世界にひとつしか存在しない

のだそうです。

 

取り外した、金属製のパイプと木製のパイプを見せて

いただきました。
 

金属製のパイプはとても慎重に扱わないと、すぐに

変形して音に影響があるので先生も素手では持たれません。

 

木の管に空気を通して音を確かめます

貴重な体験に、みんなドキドキ…

 

 

世界にはとても大きくて美しいパイプオルガンがあることも

教えていただきました。

大きなものになると管の数は5000〜6000本あるものも

あるのだそうです。なぎさ公園小学校のパイプオルガンは478本です。

上(講堂の中二階)に上がるときの注意を聞いて、いざ探検です。

オルガンのおなかの中にも入りました。

実際にペダルを踏んだり鍵盤にさわったりして感動していました。

パイプオルガンの中にはたくさんの管が立っています。

調律師の方が入れるように、真ん中に通路があります。

子どもたちはびっくり。楽器といってもまるで建物みたい

なのですから。

 

478本のパイプ、かくのは難しいなぁ。

今日の感動をすぐに書き留めておきます。

 

実際に木の管を吹かせてもらっている子どもたちの

様子です。わくわくドキドキ…

なぎさ公園小学校の音楽は、この地球上にあるすべての

音を感じることから始まります。

野道を散歩しながら音を探したり、音から色を感じたり…。

さまざまなプログラムがあります。

 

今日子どもたちは、風とパイプでこんなに素敵な音が生まれ、

そして素晴らしい音楽が生まれたことを知って感動しきりでした。

 

更新日:2018.12.05 Wednesday | カテゴリー:教科教育3:ふるえる心(感性)を育てたい


だいこんの葉っぱー教材園でとれましたー大根の方は…

 

今朝、こんな貼り紙とともに瑞々しい大根の葉っぱが

置いてありました。

 

(この4倍あります)というかっこ書きが入っています。

家庭科室の横を通ってみると、ありましたありました。

ぱりっと活きのいい(?)葉っぱが。

 

家庭科では収穫の授業の時に使うそうです。

一つの教材を各教科で共有するプロジェクト学習は本校の特徴です。

 

葉っぱはいいけれど大根の方は?

はい^^ 12月7日(金)の「わ食弁当」の日の一品になります。

1年生が不思議緑(理科)で作り、学校全体で共有します。

「わ食弁当」の日にどんな一品になってくるのでしょう。

楽しみです♪

 

大根の葉っぱ 私も頂いて帰ることにいたしましょう^^

 

 

 

 

更新日:2018.12.04 Tuesday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


遊学塾−ゆずジャムづくり−紅葉のグラデーション♪

先週の土曜日(12月1日)、遊学塾が開催されました。

これは保護者の会(なぎさ会)によるものです。

この日は、理科の戸倉先生と木下先生がコーディネートして、

ゆずジャム作りや紅葉のグラデーションやすてきな場所探しなど、

親子で参加する盛りだくさんのすてきなプログラムでした。

 

ビオトープの植物で作る季節のグラデーション。こんな感じでさまざまな色を

集めます。

 

また一方で、ビオトープで見つけた素敵な場所をマーキング。

 

 

 

 

親子で楽しくマーキングしていきます。

 

そして、見つけたきれいなものでグラデーションを作ります。

大人も子どもも夢中になってしまいます。

 

 

いろんな葉っぱが並びました^^

こんな大きな緑色も…

 

さて、ゆずジャム作り。学校にあるゆずの木にはあ毎年たくさんのゆずの実が

なります。今年もこんな感じです。完全無農薬ですから、とても安全です。

 

皮をむいたり、果汁を絞ったり…。

この時、家庭科室の外はゆずのいい香りが充満していて、廊下を歩く時、

とても幸せな気持ちになりました。

 

ゆずの皮を小さく刻みます。

とっても美味しいゆずジャムが出来上がったのですが、ジャムづくりに夢中になって

いるうちに、写真を撮りそびれました。

 

 収穫した学校のゆずで、手づくりジャムを作る。

本当に豊かですてきな時間でした。

 

 

 

更新日:2018.12.03 Monday | カテゴリー:保護者


広島市科学賞授賞式ー優秀賞受賞ー研究は楽しい♪

本日(12月1日)、広島市科学賞の授賞式が、広島市中区の青少年センターで

行われました。なぎさ公園小学校からも5人の優秀賞受賞者が出席しました。

 

授賞式前、少し緊張… 受賞おめでとう♪

 

 

 

 

 

なぎさっ子は研究することが好きな子が多いように感じます。

好奇心が旺盛なのでしょう。中には何年にもわたって同じテーマで

研究を続けている子、毎年テーマを変えながら入賞を続けている子

など、研究熱心さがうかがえます。

 好奇心は学びの起爆剤。目をきらきらさせて不思議を解明する

なぎさっ子にわくわくします^^

 

 

更新日:2018.12.01 Saturday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


おはなしの発表会−1年生−九ひきの小おに

今日(12月1日)は、1年生のおはなしの発表会でした。

つくし組とこごみ組さんです。

ほっこりとすてきな発表会でした。

 

講堂の前には、絵画造形とのプロジェクト学習で製作した小おにの紙版画が

飾られていて、思わずほっこり…

 

ナレーションを担当する子たち、小おにを担当する子たち、途中で登場する

さまざまな登場人物(?)を担当する子たち…。

みんなそれぞれに素晴らしいおはなしぶりでした。

 

 

 

 

 

 

 

迫真の演技も加えて…

 

 

最後は司会者のリードで共有の時間です。

保護者の方々からもすてきなおはなしの発表会だったと感想をいただきました。

 

 

みんなからの感想も共有します。たくさんの手があがっています。

先生方からも… お褒めの言葉にみんな嬉しそうです^^

 

ここからは こごみ組さん↓

 

こちらも迫真の演技が加わります。子どもたちがそれぞれに工夫をしているので、

つくし組とこごみ組では、おはなしの仕方が違います。

それがまたとても素敵^^ 

 

 

 

 

司会進行も立派です

 

 

各自の感想の共有ではたくさん手があがって、全員発表することができないほど

でした。

 

みんな、力を出し切ってすてきな発表会にできたことを、とても誇らしく発表して

くれました。

諸先生、校長先生からの講評もとても高いものでした。

嬉しい^^

最後はクラスを代表してごあいさつ…。ご家庭でのご協力にも感謝して…。

 

4月に入学した時とはまるで別人のようにしっかりとなぎさっ子になっていた

1年生。そんな1年生のおはなしの発表会。感激で涙が出そうになりました。

 

 

 

更新日:2018.12.01 Saturday | カテゴリー:教科教育3:ふるえる心(感性)を育てたい


今年も押し迫ってきましたー田づくり(お正月/おせち)ー2年生

昨日(11月29日)、海棟へおじゃましてみると、

いい匂い…。

2年ゆり組が、自然生活の授業で田づくりを作っているところでした。

 

田づくりの意味やイワシの栄養のことなど、行事の料理に触れながら、

さまざまなことを学ぶプログラムです。

調味料をきちんと計ることとイワシを炒ることをみんなで体験します。

 

木下先生が手元を映してくれているので、席からもよく見えます。

順番を待つ間、頭の中でシミュレーションしながら見ているようです

 

 

 

調味料を混ぜたり…

 

たぶんおうちで田づくりを作ったことがある子どもたちはほとんどいないでしょう。

好奇心を全開にして、子どもたちは本当に真剣に見たり聞いたりしていました。

 

同じ時間、お隣のきく組では、にほんごの授業中でした。

おはなしの発表会へ向けてみんなで真剣に取り組んでいるようでした。

配役のことでしょうか…

進行役のチームが、みんなに呼びかけています。

 

すると、すぐに反応があってたくさんの手があがっていました。

 

子どもたちは、なんでも自分でするのが大好き。

わくわくしながら取り組んでいる様子に、こちらもわくわく…。

 

 

 

 

更新日:2018.11.30 Friday | カテゴリー:教科教育3:ふるえる心(感性)を育てたい


マイプロ−大好きなことを極める−4〜6年生

今日の6時間目はマイプロ、好きなことを極めるプログラムです。

 

小雨の中グラウンドでは、サッカー部とソフトボール部ががんばっていました。

 

 

 

 

理科室では自然科学部が、あぶり出しの実験中でした。

あぶり出しには意外にも諸説あるようでして、どうしてあぶり出しが

できるのか… 興味津々で実験中です。

 

 

今日のあぶり出しの材料の中には、なぎさ公園小学校自家製の「ゆず」と「だいだい」が

入っていました。

酸っぱそうです

 

お隣の家庭科室では手芸部が活動中。

 

4年生の見事な刺し子。

 

 

5年生はお人形作りのようでした。 かわいい

こちらは6年生でしょうか。素敵なフェルトの作品です。

他にも、写真部や将棋・オセロ部やパソコン部などがあります。

こちらはまたの機会に…

 

マイプロは興味のあることや好きなことを伸ばそうという4〜6年生のプログラムです。

さまざまなことに挑戦してみると、たくさんの発見があります。

 

 

更新日:2018.11.28 Wednesday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

↑ページの先頭へ