学校法人鶴学園 なぎさ公園小学校

なぎさ公園小学校ブログ

宮島歴史ツアー

7月30日(火)、5・6年生の児童と保護者から希望者を募り、「宮島歴史ツアー」を行いました。

訪れたのは、宮島歴史民俗資料館です。

初めに、宮島の祭りや伝統工芸のお話を伺いました。宮島という場所は、平清盛が厳島神社を造営した頃から、歴史的にも主要な場所となりました。この地で暮らす人々は、古くからの伝統を守り、今につなげておられることを改めて実感しました。

次に、源平の合戦や厳島の合戦など、戦のお話を伺いました。

教科書に出てくるできごとを、史料などの「ホンモノ」に触れながら学ぶと、その感動は子どもたちの記憶に残るものだと思います。お話を聞きながら、児童は熱心にメモをとっていました。

普段は観光地として訪れることの多い宮島ですが、この行事は、また違った視点で宮島を発見してもらいたいという思いから設定しています。子どもたちにとって、視野の幅を広げるきっかけとなれば幸いです。


更新日:2019.07.31 Wednesday | カテゴリー:5,6年生


5年冒険遊び

5年生になって初めての沼田冒険遊びを行いました。5年生になって初めて行うNAPに加えて、次回の冒険遊びで挑戦する樹上小屋作りの練習のため竹切り・ロープワークを行いました。のこぎりで竹を切って、鉈で枝を切り落とし、竹を麻のひもで別の竹にくくりつけてました。どの班もとても頑丈な仕上がりになりました!!子どもたちはこの活動を通して友達と協力することの大切さを再確認していました。


更新日:2019.05.14 Tuesday | カテゴリー:5,6年生


レシテーションコンテスト(2017/10/3)ーダイジェスト版動画をぜひご視聴ください

 

10月3日(火)に開催されましたレシテーションコンテストの

動画(ダイジェスト版)を公開しました。

 ぜひご視聴ください。

5・6年生によるレシテーションコンテストは、毎年恒例の英語科の

取り組みです。

 

レシテーションコンテスト1

 

レシテーションコンテスト2

 

レシテーションコンテスト3

 

レシテーションコンテスト4

 

表情豊かに発表しました。

なぎさっ子にとって英語は世界とつながる第一歩です。

 

 

 

更新日:2017.10.06 Friday | カテゴリー:5,6年生


レシテーションコンテスト − 5・6年生 −見事な発表でした♪

 

今日(10月3日)、5・6年生によるレシテーションコンテストが

開催されました。

各クラスのオーディションで選ばれた16人が素晴らしいレシテーションを

見せてくれました。

動画でのご報告は後ほどということで、写真でのご報告を先に

させて頂きます^^

 

司会進行をした子どもたちの英語力も素晴らしかったです!

発音やイントネーションに加えてジェスチャーも

5年生のレシテーションが終わったところで、なぎさ中高の

先生から講評をいただきました。

発音が素晴らしかったとお褒めの言葉をいただきました^^

次は6年生です。

 

6年生もまた表情豊かにレシテーションを行いました。

聴きごたえのある発表でした^^

 

 

審査中は、子どもたちも自分たちのシートに気づきや評価などを

書き込みます。いろいろと意見交換しながら書いていました。

校長先生のお話の後、いよいよ審査結果の発表です。

金賞と銀賞、そして努力賞が発表されました。

みんな嬉しそうです^^

夏休み前から、みんなで取り組んできたレシテーションコンテスト。

校長先生のお言葉の中にもありましたが、みんなで取り組むことで、

お互いの力が伸ばし合えるんですね。今日客席で発表を聞いていた

仲間への拍手がありました。

お互いを称え合って終了したレシテーションコンテスト。

仲間と学び合うことで、それぞれの力が伸びていくことを

知っているなぎさっ子たちを誇りに思います^^

※動画でのご報告も後ほどさせていただきますね。

 

 

更新日:2017.10.03 Tuesday | カテゴリー:5,6年生


NZから無事に帰国しました ー たくさんの学びを胸に

Kawaguchi NZ Report:
NZ研修、全日程終了しました!
[Day 13]
NZの旅13日目、無事に2週間の全日程を終え日本に

帰国しました。(8月7日 広島駅着22:40)
台風の影響も心配されましたが、みんなの運の強さが勝ち、

遅れもなく広島に到着しました。 「もうちょっとNZにいた〜い!」

と言っていた子どもたちも、家族の顔を見てほっとしたのか、

やっぱり日本が好きみたいです。 今後子どもたちは自分の口で

体験を家族や友人に伝え、そして感じたことを実行していくことで

形になっていくのではないかと思います。 この2週間の子どもたちの

成長はとても大きく、そんな子どもたちの成長を間近で見ることが

できてとても幸せです。 海外でできて日本でできないことはないと思います。

これからの子どもたちの成長を見守って行きたいと思います。

今まで子どもたちの姿を見守ってくださり、ありがとうございました。

……………………

台風の影響が心配されましたが、全員元気に帰広しました。
本当に何よりでした。
川口先生の報告にもありましたが、
今後の子どもたちの成長を楽しみに、
見守りたいと思います。
 

更新日:2017.08.08 Tuesday | カテゴリー:5,6年生


NZの旅ー帰国の準備ーたくさんの思い出と出会いに感謝しながら

NZ Kawaguchi Report:帰国の準備、オークランドへ


[Day 12] NZの旅12日目、いよいよ楽しい思い出のつまったタウランガとも

お別れの日です。 そして、昨日ホストファミリーと最後の休日を過ごした

なぎさっ子にとっては、ホストファミリーと寂しいお別れの日でもあります。







この1週間と少し、本当の家族のように愛情を込めて接してくれた

ホストファミリーと、一人ひとりきちんとお礼を言いながらハグや握手を

してタウランガとお別れをしました。




「来年絶対帰って来てね!」「もう本当の家族よ!」と言ってくれるような

ホストファミリーに出会えて、子どもたちは幸せです。



タウランガを出発し、わたしたちは明日の帰国に向けてオークランドへ向かいました。

道中、日本時間の8時15分に合わせて黙祷をし、遠くはなれたニュージーランドから

平和への祈りを捧げました。

オークランドへ着くと昼食をとり、スカイタワーへ。

スカイタワーからのバンジージャンプが有名なようで、勇敢なKiwiの人たちが

バンジーをしている様子を見てわたしたちは驚き!








ガラス越しに下を覗くだけでも足がすくんでしまいます。








オークランドの街はタウランガとは違い、さすがニュージーランド一の都会!

最後にオークランドを満喫して、明日の帰国に備えます。 最後まで気を抜かずに、

無事日本で待つ家族の元へ向かいたいと思います。

……………………………………

なぎさ公園小学校の4つの教育の柱を、わかりやすく言った言葉の中に、
「世界は友だち」と言う表現があります。世界中に友だちがいたら、

きっと戦争も起こりようがなくなるはずです。
異文化体験の旅で得た子どもたちの学びは、人類の未来をつくる希望のタネなのでは

ないでしょうか。

 

 

更新日:2017.08.06 Sunday | カテゴリー:5,6年生


NZからータウランガ最後の休日は…

NZ Kawaguchi Report:学校最終日
[Day 11] NZの旅11日目、子どもたちは今日ホストファミリーと

最後の休日を過ごしています。 滞在中雨が降ったこともありましたが、

子どもたちが過ごす休日は快晴ばかりで、毎回素晴らしい天気に恵まれています。

わたしも、以前曇っていて見られなかったマウンガヌイからの日の出を見に

再度早起きをして登頂に挑みました。 最初は雲があったものの、太陽の力に

押されるように雲が退いていき、素晴らしい日の出を見ることができました。




NZでは週末になるといろいろな場所でマーケットが開かれるそうです。

野菜や果物が売られているマーケットもあれば、マウンガヌイの下町では

ハンドメイドの雑貨やテクイアウトの料理など、いろいろなお店が連なっていました。





子どもたちの中にも 「週末はマーケットに連れてってもらう!」 「マウンガヌイに登ります」 と

言っていた子がいて、それぞれNZならではの休日の過ごし方を楽しんでいることでしょう。

明日はいよいよタウランガの街ともお別れです。 子どもたちもしっかりとホストファミリーと

楽しい時間と思い出を作ってくれると嬉しいです。

…………………………

実際にその場に居て、五感の全てで感じたものだからこそ自分のものにできる感性。

なぎさっ子たちの帰国が楽しみです。

 

 

 

更新日:2017.08.05 Saturday | カテゴリー:5,6年生


NZから グリーンパークスクールでの授業もいよいよ最後となりました

NZ Kawaguchi Report:学校最終日
[Day 10] NZの旅10日目です。今日はグリーンパークで過ごす最後の日です。

難しいながらも英語での授業に頑張って参加したり、一緒に遊ぶことで仲良く

なれた友だちもいたり、実りの多い一週間となりました。




実は、昨日アートの時間になぎさっ子が作成したエコバッグは、

グリーンパークの先生が休み時間を使って一人ひとり丁寧に縫って

くれていて、こんな素敵なバッグになりました。



そして、今日はなぎさ公園小学校のためにフェアウェルパーティー

(お別れ会)を開いてくれました。 フェアウェルでは一人ひとり

学習修了証をもらいました。子どもたちは確かな達成感を味わったのでは

ないでしょうか。







その後、一週間お世話になったバディの子たちと共にパーティーを

楽しみました。 ピザや手作りのケーキを用意してもらって、学校での

最後の時間を惜しみながら過ごしました。







明日はホストファミリーと過ごす最後の一日です。 ここで共に過ごした家族と、

最高の思い出を日本に持って帰れるよう、充実した一日になればと思います!


………………………
NZ Report:番外編 グリーンパークスクールは毎日の連絡を児童が

インターネット放送しています。 そして実は学校最終日の今日、

朝のテレビNEWSになぎさっ子が出演しました! グリーンパークの

子どもたちはマオリ後と英語を使って、なぎさっ子は英語と日本語を

使って放送しています。


………………………………

子どもたちの吸収力は本当に無限大ですね。川口先生からの報告でも、

日に日に成長している様子がうかがえます。

 

更新日:2017.08.04 Friday | カテゴリー:5,6年生


NZでの生活も残りわずかー毎日たくさんの体験

NZ Kawaguchi Report
[Day 9] 学校生活も残りわずかNZの旅9日目です。

グリーンパークでの学校生活もあすで最後になりました。

なぎさ公園小学校とは違う授業を楽しめるのも、

あとわずかです。 NZの小学校では、音楽の授業でウクレレの

弾き方について学ぶそうで、昨日なぎさっ子も音楽の授業体験を

しました。









今回は2つのコードしか学びませんでしたが、指先をサッと

動かすのが難しく、みんな苦戦していました。
でもさすが、みんな上達するのが早いです!音楽に合わせて

いつの間にかウクレレを弾けるようになっていました。
もうひとつ木琴を弾かせてもらったのですが、これも

「Aの音を3回」「Gの音をやさしく鳴らし続けて」という

指示のもと、音楽に合わせて演奏しました。





そして今日の午後は先日のアートの続きをしました。

自分たちが下塗りしたエコバッグに、今日はメインとなる

柄を入れていきます。

いくつかある柄のパターンから二種類選び、黒の塗料を

使って版画のように模様をプリントしていきます。



また、あわせてクレヨンを使ってマオリのイラストを描きました。

アートの時間は楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいます。









最後に、昨日に引き続き家庭訪問の様子を紹介します。

昨日訪れた家庭の中には、「彼にテコンドーを体験させてあげたいの!」

といって、胴着を準備してくれていたホストマザーがいました。


一方でなぎさっ子はホストファミリーに日本食をふるまったり、

折り紙を教えてあげているみたいです。






今しかできないこと、ここでしか体験できないことを

存分に楽しんでもらえたらと思います。
……………………………………………………………

ほんものに触れて学ぶことで、なぎさっ子たちは自分の中に芽生える

新しい感覚に出会っているのではないでしょうか。

 

 

 

更新日:2017.08.03 Thursday | カテゴリー:5,6年生


NZからのお便りーホームステイ先をご紹介します

今日のNZからのおたよりは、ホームステイ先のご紹介です。

NZ Kawaguchi Report

[Day 8] NZの旅8日目です。毎日天気に恵まれてきたNZ研修ですが、今日は朝から雨がしとしと降っていて、一段と寒く感じます。 今日はESOL(English for Speakers of Other Languages)と呼ばれるなぎさっ子向けの英語の授業がありました。 Wendy先生がとっても素敵な先生で、しかもハーフサイズのクラスだったので、子どもたちも緊張感なく参加できていたと思います。

授業では、英単語を紹介するよう本を読み聞かせてくれたり、カードを使ってNZならではの単語(Rugbyやfantail)を学んだりしました。 さて、kiwiという単語、ここに来るまでに子どもたちは二種類の意味があることは知っていたようでしたが、実はNZではもう一種類の意味でも使われていることを初めて学んだようです。みなさんは、kiwiの持つ意味をご存知ですか?



kiwiは、一つはキウイバード、二つ目はキウイフルーツ、そして三つ目はNZの人のことを現します。NZの人たちは自分たちのことをKiwiと呼び、率先して家事をこなす男性のことをKiwi Husbandと呼ぶそうです。なんだか素敵な呼び方ですよね!



また、小学校が3時に終わるので、放課後の時間を使って昨日から家庭訪問を始めました。 家庭の都合もあり、全ての家庭を訪問することができないのですが、子どもたちがホームステイする家がどんなところなのか少し紹介します。





ホームステイ先のお家は、学校の近く(といっても車で5分はかかります)という子もいれば、スクールバスで30分かかる子もいて様々です。 街中に住んでいる子がいた一方で、たくさんの鶏や牛、羊などに囲まれた農場にステイしている子もいます。



家のお手伝いも皿洗いをしたり、洗濯物をたたむお手伝いをしているだけでなく、牛や羊のお世話があったりと、日本ではなかなか経験できないものも多いです。
また、ほとんどの家の庭にはトランポリンがあり、放課後家に帰ってホストシスターやホストブラザーとトランポリンで遊ぶなぎさっ子も多いようです。



《to be continued 》

更新日:2017.08.02 Wednesday | カテゴリー:5,6年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

↑ページの先頭へ