なぎさ公園小学校ブログ

マナー向上体験学習ーJR電車に乗って宮島口までー1・2年生

1・2年生は昨日今日(6月14日)、マナー向上体験学習へ

出かけました。(不思議青:社会科)

 昨日は、つくし組ときく組、今日はこごみ組とゆり組です。

 

やや緊張した面持ちで乗っています。

 

 

 

 

 

1人ひとり自分で切符を持ち、改札を通ります。

 

 

 

駅員さんにお話を聞きます。ホームの待ち方や列車に乗る時などのマナーを勉強します。

質問したり、メモを取ったり、みんな大変熱心に学んでいたと報告がありました^^

 

列車の風圧がどれほどのものか、貨物列車が通り過ぎる風で体感します。

相当強いです。巻き込まれたら大変です。

いざという時は赤旗をパッと出すんよ、と教えてもらいました。

しかし、子どもたちの関心はもっぱら駅員さんの腕章にあるようでした^^

それはそうですよね。子どもたちにとって駅員さんは憧れですから…。

 

 

「何か事故があった時など、緊急の場合にこのSOSボタンを

押します」と教えてもらいました。

このボタンは20メートルおきに設置されているのだそうです。

覚えておこうと思います。

乗り物で通学する子どもたちも多いなぎさ公園小学校です。

体験的に学ぶことで、しっかりとマナーを身に着け、

自他ともに安全に気持ちよく通学できるように努力しています。

 

 マナーは社会の中で、互いに気持ちよく生活していくための知恵です。

マナーの基本は「他者を気遣う」という気持ちです。

 そういう気持ちがなぎさっ子たちに根付くよう、このプログラムは

毎年実施しています。 

 

※校長通信「nagisastyle」をアップしています。

ぜひご覧ください。

 

 

更新日:2018.06.14 Thursday | カテゴリー:教科教育2:グローバル生活人を育てたい


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

イメージ

↑ページの先頭へ