なぎさ公園小学校ブログ

ふまれて育つ

1月16日(木)。今日は、文化の日(11月3日)、ホワイトデー(3月14日)、(6月1日)と並んで「晴れの特異日」。

晴れの確立が断然増す日といわれています。教材園では、寒さに負けないといわれる大麦が芽を出していました。

 

春の七草も集まっています。

 

大麦は、1年生が「2年生に進級したら麦茶にしよう」と植えたものでしたが、自らの手で(イヤ、足で)踏みつけていきました。

 

ひとりがお手本を示すと、「ぼくも、私も・・・」と、二人、三人・・・

 

さらに足が増え、大麦を痛めつけていきます。そう、「麦踏み」です。

ちなみに、向こうに見える足は、保護者の方々。

 

この刺激で、1粒から1本しか伸びてなかった茎も、「分げつ」と呼ばれる茎の増加が促され、収量も増えるというわけです。

 

本物に触れ、五感を使い、季節感を味わいながら、麦栽培の文化をはぐくむ。なぎさならではの授業が進められていました。

更新日:2020.01.16 Thursday | カテゴリー:1年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

イメージ

↑ページの先頭へ