なぎさ公園小学校ブログ

いのちのおとをきこう(1年生)

なぎさ公園小学校では、五感を使った授業を多く行います。

「にんげん」で「いのちのおとをきこう」という授業をやりました。

まずは、生きているってどういうこと?を考えた後、自分の心臓の鼓動を感じます。

次にお友だちの心臓の音を聴きます。

「あっ、きこえた。」

「どくっ、どくっ、ってきこえる。」

「しずかにしていないときこえないね。」

「ひとによっておとがちがう。」

いろいろな発見があります。

 

外にも飛び出し、たくさんのものの命の音をきこうとします。

木の音は「しゃきしゃき」「ぞわぞわ」

芝生はの音は「しゃらさら」「ずずずずう」

窓の音は「すうすう」「きゅっきゅっ」

砂場の音は「ざくざく」「しゅうしゅう」

綱の音は「ぎゅうぎゅう」

地面の音は「みいぴっぴ」

本当にそう聴こえるのだと思います。

 

 

 

更新日:2020.07.03 Friday | カテゴリー:1年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

イメージ

↑ページの先頭へ