学校法人鶴学園 なぎさ公園小学校

なぎさ公園小学校ブログ

フレンドリー・ブリッジ プロジェクト

フレンドリー・ブリッジ プロジェクト

 

 

フレンドリー・ブリッジ プロジェクトとは、上履き、運動靴をはだしで生活している世界の子ども達に送るプロジェクトです。

 

なぎさ公園小学校も、フレンドリーブリッジ事務局を通じて今までに、ガンビア・ルワンダ・ザンビアといった様々な国々に送っています。

 

 

 

靴の中に、メッセージと平和の象徴でもある折り鶴も入れました。

 

 

保護者の方々で結成された「なぎさ会・リサイクル委員会」の皆様が靴を集め、包装してくれました。

段ボール一杯の靴が集められました!

 

 

 

そして、なぎさ会の皆様より、無事にフレンドリーブリッジ事務局の方へ箱いっぱいの靴が手渡されました。

 

この活動で一人でも多くの子どもたちが笑顔で生活できるようにと、祈っております。

 

 
 
 

 

 

更新日:2019.07.04 Thursday | カテゴリー:その他


救命講習が行われました

 

 例年通り、日本赤十字社の指導員の村上さんに救急法講習会を行っていただきました。

 いざという時のため、三角巾の使い方、心肺蘇生とAEDなど救急法について教わりました。

 

 

 

 本日の講習を受けて、危険な事態が起こらないように心がけるのはもちろんですが、万が一の時には落ち着いて行動したいです。

更新日:2019.06.13 Thursday | カテゴリー:その他


懐かしい顔 顔 顔〜二十歳になりました〜二期生お帰り^ ^

 

 

今日(1月6日)は、とっても珍しい、そしてとっても嬉しいお客さまがありました。

明後日の「成人式」に合わせて集った二期生の面々です。

懐かしい顔にいっぺんに会えて、本当に嬉しい日となりました。

ご縁のある先生方も集まってくださいました。(講堂にて)

 

小学校の思い出は?と聞いたら、「福原先生(元校長先生)が弾かれるパイプオルガンの音色」と

答えた子がいました。講堂にあるパイプオルガンの音色は、小学校時代を彩る音色でもあるのですね♪

卒業生の胸の中で、今も響き続けているパイプオルガンの音色^^

 

みんなで昔話に花を咲かせながら、校内を巡りました。

 こんなんだったっけ?久しぶりに見る教室は、懐かしくもあり、また違った印象でもあり、……。

 

 

 

中央棟の屋上デッキから見る風景

母校の空気を満喫した二期生でした。

もう二十歳になるんだねぇ…。先生方も感慨深そう。

卒業する時には、「なぎさ公園小学校は、みんなの心のふるさと。いつでも帰って来てね」と送り出します。

こうして元気な姿を見せに帰ってきてくれる…。

本当に嬉しいことでした。

私たちはずっとみんなを応援し続けます^ ^

 

更新日:2018.01.06 Saturday | カテゴリー:その他


子どもたちのいない間に… 安心と安全の環境整備〜新年にむけて〜

 

23日から冬休みに入っています。

 

学校は子どもたちのいない間に、実はさまざまなことをしています。

まず今日、先生方は朝からずっと会議です^^ 

 

そして、環境整備の方と業者の方総出で、校庭とその周辺の整備を

行ってくださっています。

 

校庭の遊具の点検と整備です。

ビオトープの縁にあるニンジャの小径では、木々を剪定しています。

この時期の剪定は春に備えての大事な作業です。

思わず足がすくんでしまいそうです。高い枝もきちんと剪定してくださっています。

 

子どもたちにとって、環境は最も重要な教育要素です。

毎日子どもたちが触れる木々、自然、遊具…。

安全で豊かな環境を子どもたちに…。^^

 

 

 

 

 

更新日:2017.12.26 Tuesday | カテゴリー:その他


ローザンヌ国際バレエコンクールへ ーなぎさ公園小学校の先輩 ー 夢へ

 

ローザンヌ国際バレエコンクールはプロのバレエダンサーを目指す

若者にとっては登竜門。

 

2018年1月に開催されるローザンヌ国際バレエコンクールへ、

なぎさっ子たちの先輩、現広島なぎさ中学校の森脇崇行さんが、

出場することとなりました。

プロのバレエダンサーを目指す世界中の若者の中から、

現地でのコンクールに参加できるのは、たった70名(今年は78名)です。

 

 

早速お話を聞いてきましたので、ご紹介します。

はにかみながら一所懸命に答えてくれました。

途中なぎさっ子たちへのメッセージももらっています。

まわりの人たちから愛され応援されている

魅力的な人柄が伝わってきます。

 

自分の夢へ向かって誠実に努力している姿に

「たかだから…」とサポートを惜しまない

クラスメイトはじめ周囲の仲間たち、保護者の方々…。

 

 みんなを応援したくなる気持ちにさせる魅力を

もった森脇さんでした。

みなさま ぜひ応援をお願いいたします。

 

 《森脇さんへ》 

みんなあなたを応援しています。

ローザンヌで夢をぐっと引き寄せてきてくださいね^^

 

公式ホームページにのっている出場者リストです➡■■■

 

 

 

 

 

 

 

 

更新日:2017.11.12 Sunday | カテゴリー:その他


佐伯区本 ー なぎさ公園小学校掲載 ー 佐伯区愛にあふれた本です^^

JUGEMテーマ:なぎさstyle―未来を切り開く可能性の芽は無限大!

 

河浜塾の河浜先生の著作「佐伯区本」−あなたは胸があつくなるほど

あなたの故郷を愛していますかーに、なぎさ公園小学校のことを

取り上げてくださっています。

 なんと見開き2ページにわたっています。

なぎさ中高も2ページ取り上げてくださっています。

 

10月8日発売、10月10日から書店に並んでいます。

ぜひご覧になってください^^

 

 

佐伯区にお住まいでない方でも相当楽しめる濃い内容です。

へぇ そんな歴史が…というような内容です。

ぜひ!!!

 

 

 

 

 

更新日:2017.10.12 Thursday | カテゴリー:その他


広島市児童生徒発明くふう展 ー すてきな発明で入賞♬

JUGEMテーマ:なぎさstyle―未来を切り開く可能性の芽は無限大!

 

 昨日の始業式で賞状の伝達がありました。

「広島市児童生徒発明くふう展」の入賞者のご紹介をしましょう。

 

10月7日(土) 広島市児童生徒発明くふう展の入賞者の表彰式が

広島市こども文化科学館にて行われました。

なぎさ公園小学校は、優秀賞2名、もびこん7特別賞2名、

増本量賞1名、山本正登賞1名、広島県発明協会会長賞1名の

入賞でした。そこで小学校部門で「学校賞」も頂きました。

開校以来、子どもたちの発明工夫熱は継続しており、毎年多数の

入賞者を出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中(誰かを助ける)の役に立つ発明がたくさん!

これからも素晴らしい発明をし続けてくださいね^^

 

 

 

 

 

更新日:2017.10.11 Wednesday | カテゴリー:その他


異文化交流ツアー ー 無事に台湾を発ちました。

これから日本に戻ります。桃園空港で、GVSProgramのコーディネーターで、研修中ずっと私達のサポートをしてくださっていたYayaとお別れです。彼女のおかげで安心して活動することができました。心から感謝いたします。 Yayaにもみんなで書いたお手紙を渡しました。(引率の三木先生から)





そして、異文化交流ツアーの一行は無事に帰広いたしました。
素晴らしい体験をお土産に元気に帰って来た子どもたち。
今後がますます楽しみになって来ました。

更新日:2017.10.08 Sunday | カテゴリー:その他


異文化交流ツアー − 台湾− いよいよ最終日

ついに台湾の異文化体験ツアーも最終日です。 朝は故宮博物院へ。 子ども向けに体験展示もあり、収蔵作品のレプリカを使って解説をしてあります。 トリックアートもあります。



人気のある作品の前はすごい人だかりです。周りの熱気がすごくて、写真が撮れませんでした。 GVSProgramに、故宮博物院の作品についてのミッションがあるので、みんな熱心に鑑賞していました。 しかし、時間に限りがあるので、2時間ほどで次の場所に移動です。




故宮博物院を後にし、台北101へ。地上101階(!)、地下5階、高さ508メートルの台湾一の高層ビルです。 屋内展望台へは分速1100メートルな高速エレベーターで昇るそうです。


展望台からの景色。


<みんなで昼食をいただいた後、リーダーのアレックスとお別れです。 昨日の振り返りの会で、子どもたちはアレックスに手紙を書きました。わからない言葉は辞書で調べ、気持ちが伝わるように考えながら書いていました。 アレックス、喜んでくれたかな?






子どもたちは、この4日間 様々な人やもの 文化や歴史に触れて来ました。
送られてくる写真から、生き生きと学ぶ子どもたちの様子が伝わって来て、留守番隊の私たちも本当にワクワクしました。 子どもたちは今夜広島に帰ります。

更新日:2017.10.08 Sunday | カテゴリー:その他


異文化体験ツアー ー 台湾 ー シェアリングタイム ー 大収穫

JUGEMテーマ:なぎさstyle―未来を切り開く可能性の芽は無限大!

 

三日目(10月7日)の夕方からは、ホテルの会議室を借りてシェアリングタイム。

 

リーダー(GVS Program)のアレックスから、フランスと台湾の文化の違いに

驚いたことを話して頂きました。

 

今回の研修旅行の様子をまとめたVTRを観ました。初日の小籠包作りが、ずいぶん前

のように感じられました。それだけこの研修が充実していたのだと再確認。

わたしたちの研修をサポートしてくださった方々への感謝の気持ちでいっぱいに

なりました。

 

研修中に撮った写真の中から、一番のお気に入りを1枚決めて、キーワードを

書いていきます。

 

 

グループごとに発表です。

 

GVS Program(Global Village for Students  Program):英語コミュニケーション

ワークショップ の修了証を頂きました。

 温かい雰囲気でサポートしてくださったことに心から感謝いたします。

 

 

この後、なぎさ公園小学校のみでの振り返りを行いました。

今回の研修中にできるようになったことや成長したことについて発表しました。

子どもたちからは、「見通しをもって自分から行動できた」

「インタビューがたくさんできて、英語で話すことに自信が持てるようになった」

など、自分の成長を振り返る声が聞かれました。

 

引率の先生からの報告にも

「今できることを一生懸命にがんばったという経験こそが次へつながっていく

こと。自分の変化を感じられたことは、子どもたちの努力の証。傍で見ていて

とても嬉しいことでした。」とありました。

 

 充実した研修となったことがよく伝わってきました。

 

明日(10月8日)最終日は故宮博物院へ行く予定です。

どんな学びが待っているでしょう。最後まで楽しみです^^

 

 

 

 

 

 

更新日:2017.10.08 Sunday | カテゴリー:その他


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

↑ページの先頭へ