なぎさ公園小学校ブログ

広島県統計グラフコンクール〜受賞発表〜特選

 

一昨日(7月31日)、

広島県統計グラフコンクール(第67回:平成29年度)の

受賞発表がありました。

昨年、本校からは小学校1・2年生の部で、大黒夢玄君が【特選】に

入選しており、発表を行いました。詳しくはこちら★★★

題材は「みんなのならいごとしらべ」です。

 

 

この題材を選んだ理由や工夫した点などについてインタビュー形式で、

受け答えしていました。

 

しっかりと受け答えができていて、本当に頼もしかったと引率の先生の感想です。

 

なぎさっ子は、さまざまな機会をとらえて、自分の興味のあることや

関心の高いことにチャレンジしています。

 この統計グラフコンクールでは毎年入選者を出しています。

 

 統計を通して見えてくるものがたくさんあることに気づいて、

さらに学びを深めていくことと思います。

 

 頼もしいですね^^

 

 

 

 

更新日:2018.08.02 Thursday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


宮島歴史ツアー〜5・6年生対象プログラム〜宮島歴史民俗資料館へ

 

7月20日は、5・6年生対象の宮島歴史ツアーでした。

12名の希望者、保護者の方、引率の小谷田先生、佐々木先生、

総勢15名のツアーとなりました。

 

宮島口のフェリー乗り場集合です。

宮島は歴史の宝庫 わくわくしますね。

 

5年生の時に春の遠足で弥山に登りますし、毎日学校のグラウンドから宮島の

島影を見て生活している子どもたちにとって宮島はとても親しみのある場所です。

 

向こうに見えている大鳥居 ただ据えてあるだけなんです。びっくり!

詳しい説明はこちらで ◆◆◆

 

厳島神社の回廊を出て、少し歩くと宮島歴史民俗資料館です。

 

資料館の中では宮島に関するたくさんのことを知ることができます。

 

 

島内いたるところに歴史的な建造物や歴史に関する場所があります。

 

旧江上家主屋です。―以下説明文からー

1800年代前半の建築物で国の登録有形文化財となっています。
江上家は、江戸時代後期から明治にかけて醤油の醸造を営み

豪商といわれました。明治末期に宮島の旅館岩惣が買い取り

「岩惣別荘」となりました。昭和46年(1971年)宮島町が

資料館開設のため譲り受け一部を補修改築しました。
座敷には、江上家の人々が使っていたべっ甲の櫛、

家紋入りの袱紗(ふくさ)などを展示しています。
また、座敷から望む庭園は往時をしのばせます。
 

 

 

実際に触れることで、理解が深まります。

往時に思いをはせながら、説明を聞いています。

写真ではわからないことがたくさん。

 

今回のツアーで、普段見知っている宮島が、きっと違って見えた

ことでしょう。

 

 

 

更新日:2018.07.20 Friday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


たまねぎを収穫しました〜2年生〜不思議緑(理科)びっくり!

 

先週(5月24日・25日)、2年生は玉ねぎの収穫を行いました。

教材園の畑にびっくりするくらい大きな玉ねぎが実っていたのは

知っていたのですが、まさかこれほどとは!

 

この玉ねぎは1年生だった時の不思議緑(理科)の時間に植えたものです。

2年生になって収穫しました。今年はマルチシートを張って作ってみたとのことです。

それが功を奏したのか、びっくりするくらい大きな玉ねぎができました。

 

遠近の具合もあるでしょうけれど、子どもたちの顔の大きさに迫る勢いの

玉ねぎです。

 

うんしょっと  根がしっかりとはっているようです

 

大きな玉ねぎにみんな大喜び♪

 

 

子どもたちのこぶしよりはるかに大きいですねぇ

 

 

根っこも長くて茂っています

 

 

もちろん収穫した後は、食べてみて味や匂いやいろんなことを観察します。

 

玉ねぎだけなのに、みんな美味しそうに食べました^^

自分たちの手で植えて収穫したものは格別のようです。

どれくらい大きかったかというと…。

ボールは普段子どもたちが遊んでいるもの。野球ボールくらい

でしょうか^^

なぎさ公園小学校では、最初から最後までの体験を

重視しています。

 特に理科は、発芽から収穫して食べるまでを、

体験し観察します。

こうして学んだことは、子どもたちの

中にしっかりと根付いて枝葉を広げます。

 生き物博士や植物博士がたくさんいるんですよ。

 

 折に触れて、子どもたちからいろいろなことを教わって

います。

 

 

 

 

 

 

 

更新日:2018.05.29 Tuesday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


学校探検(不思議青:社会科)−1・2年生(こごみ組&ゆり組)

 

今日の1・2年生の不思議青(社会科)、学校探検は、

こごみ組さんとゆり組さんでした。

校内をくまなく探検して回ります。

 

さぁ 海棟から中央棟(パティオ)を通り、渡り廊下を渡ってまずは山棟へ。

 

しっかりと手をつないで、バディを組んで回ります。

なぎさ公園小学校は、グラウンドに子どもたちが立ったとき、空が広く見える

ようにと、2階までしかありません。ですから校舎は結構広いのです^^

回りきれるかな…

山棟1階の長い廊下はこんな感じです。他チームと情報交換したり…

 

各教室の前に貼ってある説明を読み、2年生がしかけたクイズに答えて、

先へ進みます。

理科室前。この時ちょうど6年生が理科の授業中でしたが、自分たちも経験の

あることなので、1・2年生の学校探検を温かく見守ってくれました。

 

 

1つひとつクリアするごとにシールを貼ってもらいます。

どのシールがいい?

 

よし!次は…

職員室周辺には事務室や校長室があるので、大混雑。

 

 

中央棟(パティオ)の放送室前。2年生、しっかりとリードしてくれていますね^^

講堂前。

 

図書室前。

 

クリアした項目を確認し、次にどこへ行くか、2年生がリーダーシップを

発揮しているようですね^^

頼りになる先輩ですね^^

山棟から帰ってくる子どもたちが、みんな渡り廊下の下を見ていきます。

???

 

 

実は、6年生が工作室で絵画造形の授業中だったのです。

1年生は6年生をペアですから、仲良しの6年生のことが気になったのでしょう。

 

6年生も、外に材料を取りに出たついでに、ちゃんと回れているか

心配してくれているようです。

のぞき込んで見てあげています。

 

大丈夫?回れてる?

地下道を通って体育館へ。体育館もクリアしないといけません。

時間が来て、みんなそれぞれに海棟へ戻って行きました。

よく頑張りましたね^^

最後は教室で学校探検のレポートをまとめます。

もちろん2年生は最後までサポートします。

2年生は1年生の学びをサポートするために、事前にさまざまな準備をして

います。各施設の前に貼られた説明ポスター。

ちゃんとインタビューをしたり、調べたりして、絵を交えて、よくわかるように

書いてくれています。

 そして楽しく学べるようにと、大事なポイントはクイズにして

あるのです。

 今日の学校探検も実りの多いものとなりました。

2年生は本当にしっかりしていました。

昨日も書きましたけれど、たった一か月半前まで

1年生だったとは思えません^^

 子どもたちはすごい速さで成長していきます。

 

 

更新日:2018.05.16 Wednesday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


学校探検(不思議青:社会科)−1・2年生(つくし組&きく組)

 

今日、3・4時間目1年生つくし組さんは学校探検でした。

これは不思議青(社会科)の授業です。

 

2年生になって一か月余り、きく組さんはつくし組さんの学びのサポート役です。

 説明を受けているつくし組さんへそうっと…

きく組さんたちもわくわくドキドキのようです^^

 

 

1年生はとても嬉しそうです。

 

出発前の先生の説明を真剣に聞いています。2年生はリードしないといけないし、

1年生もしっかりと学ぶ気構えです。

 

学校の中の仕組みを学びます。どこをどう回るか打ち合わせ中?

手をしっかりつないでリードします

 

 

それぞれの部屋の前に、2年生がその機能を事前に調べてポスターにして

貼ってくれています。2年生は1年生がよく学べるようにと、例えばその部屋の

担当の先生にインタビューしたり、観察したりして時間をかけて準備してくれて

いるのです。

また、楽しく学べるようにとクイズもしかけてあるんですよ^^

 

 

楽しいしかけがあったようですね^^

 

真剣です

 

2年生は自分たちがしてもらったように、大変優しくサポートしています。

顔についたものを取ってあげたり… 

 

各所をまわったら「済み」のシールを貼ってもらいます。2年生がシールを持って

いるのですが、どんなシールがいいか選ばせてやっていますね^^

普段1・2年生は海棟で暮らしているので、3〜6年生が暮らす山棟へは

めったに用事がありません。職員室から続く山棟の長い廊下もわくわくです。

見つけた〜!

無事に学校探検を終え、海棟へ帰っていきます。

 

探検を終えたら、1年生はまとめを提出します。最後まで親身にサポートする

2年生。つい一か月半前まで1年生だったとは思えないほど、頼りがいがあります。

 

なぎさ公園小学校は教科担任制です。各教科充実したプログラムを

展開しています。そのプログラムは教科を横断的に連結させたり、

学年を縦断的に連結させたりして、子どもたちの学びが多岐に渡って、

深くなるように工夫されています。

 きちんとしたことを1年生に教えなければならないと、2年生の学びも

おのずと深くなります。

そして、何より子どもたち自身が学ぶことを楽しむように設計されています。

 2年生は1年生をリードすることで、ぐっと大人になります。

誰かに頼られる、誰かをサポートすることは人を大きく成長させます。

 

※明日は、こごみ組さんとゆり組さんの学校探検です。また、ご報告いたします。

更新日:2018.05.15 Tuesday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


4年生ー伸び伸びと真剣に学習に取り組んでいますー中学年の自覚^^

 

今日は4年生の授業風景を覗いてみました。

青桐さんは英語、楠木さんは社会です。

 

自分のヒーローを創って、そのヒーローにできること、できないことを

英語で説明するようです。

 

近くのお友だちとディスカッションしながら進めています

 

もちろん先生のアドバイスももらいます

 

 

ミニ先生もうまく機能しているようです。互いに刺激し合いながら進めています。

 

真剣な面持ちですね

 

習ったことを発展させて、自分らしい英語になっています。

 

 

 

 

 

 

お隣の楠木組は社会の授業。地図を学習中でした。

 

白地図に取り組み中。こちらも真剣な中にも和やかな雰囲気ですね。

 

 

 

 

授業が終わると、オープンスペースにいる先生に質問に行ったり…。

 

4年生ともなると、自分の学習をある程度コントロールするように

なるようですね。オープンスペースにいつも先生がいるのは、

こういう子どもたちの学び心を止めないためです。

 

いつでも見えるところに先生がいるので、どんなことでもすぐに聞くことが

できます。

 

 

 

 

 

 

更新日:2018.04.23 Monday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


1年生は元気に学び中―不思議緑(理科)―五感をフル回転

 

なぎさ公園小学校の学びの基幹には、「五感をひらく」と

いう考え方があります。

IQを支えているのはEQ(心の知能指数)だとの考え方に

立って、学びの基本に「本物を体験する」という方針が

あるのです。

1年生は不思議緑(理科)で、校内の植物に触れて学ぶことを

しています。

体験的に学ぶことで、好奇心は高まり、知りたいという欲求は

さらに強くなります。

 

疑問に思ったことはすぐに先生に質問します^^  

 

まずビオトープに沿ってあるニンジャの小径へ。本校がある海老山地域に生えて

いる樹々を意識して植栽されています。

 

ふかふかの芝生は体全体で感じます。

触ったり匂いを嗅いだり… 

 

「ああ…気持ちいい」という声が聞こえてきそうですね♪

 

思わずころころ…  わかるわかる^^  気持ちいいでしょ

 

興味津々で観察

 

 

教材園の田んぼは、今レンゲソウが花盛り

 

 

レンゲソウもじっくり見ると、いろいろと気づくことがあるようです。

観察している間、空は晴れ渡り、心地よい風がほほをなでます。

 

子どもたちは五感のすべてを使って得た情報を、自分の中の

記憶の引き出しに取り込みます。

 学習の場面ごとにその引き出しが大活躍。子どもたちの学びの深まりを

支えます。

 

 

 

更新日:2018.04.21 Saturday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


English & Scienceー5年生の授業を覗いてみましたー新学期

 

今日はとてもいいお天気です

子どもたちは朝の始まり前の時間も元気にグラウンドで遊んで

いました。気持ちよさそう♪

1時間目5年生の授業を覗いてみました。

新学期の緊張感もやわらぎ、元気に授業を受けていました。

 

銀杏組はEnglish ラム先生と川口先生です。

英語科はネイティブの先生3人、日本人の英語教師3人の構成です。

授業はネイティブの先生と英語教師のペアで行います。

 

 

ゲームを織り交ぜながら楽しく英語を学んでいました。

 

丁寧に個別のサポートもしながら授業は進んでいました^^

 

お隣の翌檜組は理科の授業中。今日は理科室ではなく教室です。

モニターをみながら、子どもたちとのディスカッション中。

 

 

向こうに見えるのは担任の先生。教科担任制なので理科は理科の

川人先生が授業。担任の中谷先生は自分の席で仕事をしながら見守る

のは、なぎさ公園小ではごく普通の風景。

 場合によって、担任の先生もすぐにサポートに入ります。

 

新しい季節が始まり、みんな張り切っているようでした。

これから1年間の子どもたちの成長が本当に楽しみです^^

 

 

 

更新日:2018.04.18 Wednesday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


ジャガイモを植えましたー1年生ー不思議緑(理科)

 

1年生は金曜日(4月13日)、不思議緑(理科)の

授業で、ジャガイモを植えました。

 ジャガイモは知っていてもどうやって栽培するのかは、

初めて知ることでしょう^^

とても愛おしそうに植えていました。

 

土の触り方も丁寧です

  

 

大きく育ってくれよ〜

 

 

1年生はこれから折に触れてジャガイモの成長を観察し、最後に収穫します。

自分たちが育てたジャガイモ… きっととびっきりおいしいに違いありませんね。

本校では、作物の栽培は初めから終わりまで、全部を体験します。

 

 

更新日:2018.04.14 Saturday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


しいたけの駒菌の打ち込み〜不思議緑(1年理科)〜興味津々

 

今年も不思議緑(理科)で、1年生がしいたけの駒菌を打ち込みました。

もちろん「シイタケ」はみんな知っています。けれど、どうやって

「シイタケ」になるのかは知りません。

 

興味津々で、榾木(ほだぎ・ほたぎ)に駒菌を打ち込みました。

 

きりであけた穴に駒菌を打ち込みます。

 

 

 

 

 

 

打ち込みが済んだ榾木(ほだぎ・ほたぎ)を、愛おしそうに中庭へ運びます。

校舎の周囲には、歴代の榾木がたくさん組んであります。菌を植えてから「シイタケ」が

できるまでは2〜3年かかるそうですが、本校では毎年行っているプログラムですので、

先輩たちが打ち込んだものを順次収穫します。昨日の分は後輩へ受け継がれます。

 

秋になると「シイタケ」が山のようにできるので、家庭科室の窓辺で天日干し。

立派な干しシイタケになり、調理実習などに使います。

 

子どもたちは、「シイタケ」の栽培を通して、菌のことはもちろん、

成長観察から得たものを学びとして蓄積していきます。

 

初め(事前の学習)から終わり(食べる)まで、他教科との

連携によって、実にさまざまな学びを得るようにプログラム

されています。(本校の特徴:プロジェクト学習)

 

更新日:2018.03.02 Friday | カテゴリー:教科教育1:21世紀型高学力を育てたい


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

イメージ

↑ページの先頭へ