なぎさ公園小学校ブログ

6年生 思い出の1コマぁ狙弔ざ・青い海・みんなの笑顔〜

思い出の1コマの4つ目です。

 

一緒にたくさんのことを経験し、たくさんのことを話し、たくさんの想いを通わせたみなさん。

喜びや悲しみも、悔しさや達成感も、みんなで共有してきました。

だから、大丈夫!

どんな状況にあっても、みんなは心の深いところでつながっています!

寂しさがこみあげてきたら、みんなの笑顔を思い浮かべながら、青空を見上げて深呼吸してみてくださいね。

みなさんの笑顔を思い浮かべながら、みなさんが笑顔になれることを願っています。

 

更新日:2020.03.11 Wednesday | カテゴリー:6年生


6年生 思い出の1コマ〜パイプオルガンの授業〜

にんげんの時間に元校長の福原先生をゲストティーチャーとしてお招きし、パイプオルガンの授業をしていただきました。

 

講堂朝の会ではパイプオルガンの音色を聴きながら入退場し、パイプオルガンの伴奏で歌を歌い、講堂で行事があるときにはその姿を目にし…と、パイプオルガンは日常生活の中に子どもたちと共にあります。また、1年生の時にはパイプオルガンの内部(なぎさっ子は親しみを込めて「お腹の中」と呼んでいます)に入って詳しく見たり、パイプを抜いて息を吹き込んだ時の音色を聴いたりする授業もあります。

 

今回の授業では、まずパイプオルガンがどのように作られているのかを映像を見ながら学びました。そして、どのパイプオルガンもすべて手作りで1つとして同じものはないことを知りました。さらに、置かれる場所の環境に合わせた音色を作るためには人間の耳と手が頼りで、とても繊細な調整がなされていることも知りました。もちろん、なぎさ公園小学校のパイプオルガンも同様にして作られています。造りを知ると、気温差や湿度の差がある日本では、音の調整や部品のメンテナンスも大変だろうと想像がつきます。すると、学校のパイプオルガンがますます大事になってきます。

 

次に、様々な音色での演奏を聴きました。パイプオルガンは1つの楽器でたくさんの音色を奏でることができます。子どもたちは、大切な自慢の宝物であるパイプオルガンをいとおしそうに眺めながら聴き、感じたことを絵や言葉にあらわしていました。

それから、J.S.バッハの「フーガト短調」の楽譜をもってパイプオルガンのそばへ行き、主旋律をどこが奏でているのかを追いながら聴きました。「福原先生、足を全然見ずに弾いてらしてすごい!!」「近くで聴くと迫力がある」「いつか弾いてみたいな。弾けるかな。」などという感想がささやかれていました。

最後に全員で「フーガト短調」を最後まで聴き、パイプオルガンの授業が終りました。みんなの大切な宝物はこれから先もずっと素敵な音色を奏で、なぎさっ子の心に響いてくれることでしょう。

6年生の皆さん、旅先などでパイプオルガンに出合ったら眺めて、機会があればぜひ演奏を聴いてみてください。そして、またなぎさ公園小学校にも聴きに来てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

更新日:2020.03.11 Wednesday | カテゴリー:6年生


6年生思い出の1コマ◆疎感叛作〜

今回の思い出の1コマは、卒業制作です。

この日を迎えるまでに、6年生は書道パフォーマンスを体験しました。

長くて、墨を含ませると重くなる大きな「筆モップ」を使って、大きな紙(縦150僉濂90僉砲吠源を書くためには腕だけではうまくいかず、全身を使って書かなければなりませんでした。そんな中、何より友だちの「ここを目指して書いて。」とか「いいね!うまい!」などという声かけが励みになりました。

仲の良い6年生。みんなで声をかけ合いながら文字を書いている様子は、いつもながらほのぼのとした温かい雰囲気で見ている側も幸せな気持ちになれました。


 

いよいよ卒業制作の日。全員で体育館に集まって、縦3m×横5mの巨大な紙に筆を入れていきます。

筆を入れるのは、6年生みんなの想いを背負って立候補してくれた有志。デザインも卒業制作執行部を中心に自分たちで決めたものなので、気合が入ります。緊張した面持ちで第一画目の筆が下ろされました。

見守るみんなからは、拍手やアドバイスの声があがります。その声に力をもらい、作品がどんどん形になってきました。

 

文字がすべて入った後は、全員で手形をとっていきます。きっといろいろな思いを巡らせながら手形をとっていったことでしょう。

学年全員で1つの作品を作るのもこれが最後。何でもみんなで楽しい時間にする天才の集まった6年生らしい制作の時間になりました。

出来上がった作品の周りに集まって記念撮影をする6年生の表情は、どれもみな誇らしさと成長を感じる素敵な表情でした。

 

この作品は卒業式当日に体育館内に飾られます。6年生の子供たちの想いがこもった迫力と温かさがあふれる作品を、どうぞご覧ください。

 

更新日:2020.03.10 Tuesday | カテゴリー:6年生


6年生 思い出の1コマ 船┘鵐拭璽謄ぅ瓮鵐函

突然の休校になってから1週間が経ちました。

6年生の皆さん、元気にしてますか?

休校の放送を体育館で聞いてから涙する姿、休校になる前日に泣きながら友だちとの時間を過ごす姿を思い出すと、とても胸が痛みます。

 

学校では、現状の中でできる最高の卒業式にしようと先生たちが知恵と真心を合わせて準備中です。(6年生の先生たちは、途中で何度も笑って作業が止まったり、ティッシュの箱が必要になったりするのはお決まり?かも)

 

そんなこんな(そんなこんだで)、これから卒業式まで、ブログで思い出を振り返ってみたいと思います。まずは、みんなが大好きなエンターテイメントです。

5年生から始めたエンターテイメント。みんないつも楽しそうに活動していましたね。

6年生では、6年生を送る会で披露する作品を作りました。

今年度は新しい演目にチャレンジし、みんなの力でとても良い出来栄えに仕上がっていましたね。生披露できなくて、本当に残念です。

後日、まずは6年生に向けて録画した動画を配信する予定でいます。お楽しみに。

 

 

更新日:2020.03.09 Monday | カテゴリー:6年生


本日、なぎさ公園小学校がテレビ放送されます!!

3月2日より、なぎさ公園小学校はお休みに入りました。

 

なぎさっ子のいない学校はとても静かです。

 

そんな中、

HOMEテレビ 5up! 18:00~19:00 のどこかで

 

なぎさ公園小学校の今の様子が放送されます。

 

お時間ございます方は、よかったら見てみてください!

更新日:2020.03.02 Monday | カテゴリー:全体


〜急なお別れ、、、でも、あたたかく〜

2月29日 今日が今年度最後の学校の日になりました。

新コロナウイルス拡散防止の為です。

 

なぎさっ子には昨日の放課後伝えました。驚きや悲しみは沢山ありましたが、

なぜ休みにしないといけないのか、今世界中でどんなことが起きているのか先生がなぎさっ子にきちんと伝えていきました。

 

そして、今日は校内放送にて校長先生から新型コロナウイルスによる臨時休校についてと休みの過ごし方について

お話・離退任式がありました。

教室に設置してあるテレビより全校に放送される仕組みです。

校長先生、アナウンサーみたいですね。

 

その裏側では教務情報化の先生がディレクターさながらの働きをされておりました。

 

スタンバイしている児童たちは、離退任式で花束を渡すために、身だしなみチェックと花束の持ち方を練習していましたよ。

 

 

各クラスでは皆静かにテレビを見ておりました。

 

校長先生の話の後は、離退任式です。

スピーチからどれだけ先生方がなぎさっ子の事を想っているのか痛いほどに伝わってきました。

 

先生方、今までありがとうございました。

そして、これからもなぎさっ子の活躍を見守っていてください!!

 

 

更新日:2020.02.29 Saturday | カテゴリー:行事


雨水の作業

2月19日(水)。今日は二四節気の雨水。

暦の上では、”空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ”とされています。

 

しかし、朝の芝生はこんな感じ・・・。

 

教材園の麦もこんな感じでした。

 

1年生は寒い中体育館の玄関付近に集まり、何やらコンコンと心地よい音を出していました。

 

近づいてみると、1期生が植えたどんぐりの原木に、シイタケの種コマを打ち込んでいました。

 

そして、直射日光の当たらない場所(伏せ場)に力を合わせ運んでいきます。

 

来年の春には、肉厚のシイタケが収穫できる予定です。

そして不思議なことに、シイタケ嫌いだった子どもたちもシイタケが食べられるようになってしまうのです。

自分で育てることの大切さを実感できる取り組みです。

更新日:2020.02.19 Wednesday | カテゴリー:1年生


〜なぎさ祭での募金協力のお願い〜

【なぎさ会 3.11プロジェクト委員会より】

 

3.11 プロジェクト委員会では、なぎさ祭【2月16日(日)】で募金活動を行います。

 

募金をしていただいた方に感謝の気持ちを伝えようと、1口100円以上募金して下さった方に豆雑巾をお配りすることにしました!!

(1家庭2つまで)

 

家庭科の先生にアドバイスをいただきながら、委員みんなで豆雑巾作りを行いました〜

 

 

東北の復興を願う気持ちと募金して下さるみなさんへの感謝の気持ちを込めて、

一つ一つ丁寧にミシンで縫いました。

 

 

とっても可愛く仕上がりましたよ!絵画造形の授業でもお使いいただけます☆

 

募金して頂いたお金は、今年度の交流校である「大槌町立大槌学園」に全額寄付します。

 

なぎさ祭当日(2月16日(日))、

理科室(昼食販売会場)とかえで組(3年)の教室に募金箱を設置しますので、ご協力宜しくお願い致します。

 

※なお、豆雑巾は数に限りがありますので、早い時間になくなる可能性があります。ご了承ください。

更新日:2020.02.14 Friday | カテゴリー:行事


1年生 豆まき「オニは〜そと!」

 2月3日は節分です。

 これまで「ひいらぎいわし」や「えほうまき」について学習しました。

 

 

 また、この日に合わせてオニのお面を作りました。

 そのオニは自分の心の中に住む追い出したいオニです。

 

 

 

 

 泣き虫オニだったり…

 おしゃべりオニだったり

 なまけオニだったり…

 

 そんなオニに向かって豆をまきます。

 裃(かみしも)を着て、豆の入ったマスをもって

  

 

 

 

 「オニは〜そと!」

 「福は〜うち!」

 みんなの心からオニが出て行って、たくさんの福が舞い込みますように…。

 

更新日:2020.02.03 Monday | カテゴリー:1年生


今の季節は、毛皮かコートか?

1月30日(木)。広島市の午前10:00の気温は8.6℃でした。

この温度は寒いのか暖かいのか?

 

ビオトープの植物、ニシキギさんに聞いてみることにしました。

つぼみは、固く閉じたまま。まだまだ寒いということでした。

 

クリさんも同じ意見でした。

 

 

ハクモクレンさんに聞いてみると・・・

ふわふわの毛皮をかぶっていました。あったかそうですが、まだ脱げないでいます。

 

ホオノキさんは、コートを脱ぎかけていました。ちょっと前より暖かくなってきたのかな?

 

ネコヤナギさんに聞いてみると、

 

コートを脱いで、銀色の毛皮がのぞいていました。

 

1年生(つくし組)は、不思議緑の授業で冬芽の観察と、葉痕巡りをしていました。

 

被爆アオギリは、幹のあちこちにこんなハンコが押されていました。

 

お正月の門松に活けていたウメの枯れ枝もご覧の通り。春が近づいていることを感じました。

 

図書だよりNo.8にも、冬の樹木観察のヒントになる本の紹介がありました。

 

 

 

更新日:2020.01.30 Thursday | カテゴリー:1年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

イメージ

↑ページの先頭へ