なぎさ公園小学校ブログ

体験宿泊学習 − 学校を楽しんでいます − 3年生

 

今日(8月23日)から始まった3年生の体験宿泊学習。

 

現在進行形は「隠れ家作り」です。

大きな段ボールを使って、それぞれのチームが思い思いの「隠れ家」を作っています。

 

 

オリーブの木の根元にも作っているようですね

 

ビオトープ周辺でも「隠れ家」作りが進んでいます。

 

 

 

子どもたちの元気な声が校庭にこだましています。

「ここんところはどうする?」「ここはねぇ…」

わくわくしながら作っているのがわかります。

 

だって「隠れ家」! ですもの^^

 

 前後しますが、後ほど始まりのところもレポートしますね。

お楽しみに♪

 

 

 

 

 

更新日:2017.08.23 Wednesday | カテゴリー:3年生


音楽の匠(たくみ) − 音楽会に向かって −3年生

JUGEMテーマ:なぎさstyle―未来を切り開く可能性の芽は無限大!

 

夏休み前の7月14日、「音楽会」が開催されました。

ご報告しそびれていたのですが、3年生の「匠(たくみ)」の

活躍をご報告しましょう。

3年生は、さまざまな取り組みの場面で「匠」を選出し、

その「匠」を中心に活動を推進していくというシステムを

持っています。

そこで、もちろん「音楽会」においても「匠」を中心とした

取り組みがありました。

まず、音楽の時間に各グループで、曲についての理解を深める

作業をしました。

発表しあって共通理解を持つ活動をします。

 

それを受けて音楽の匠たちは、全体の方向性を決めたり、練習計画を

立てたりします。

 

みんなにどういうふうに歌に向かうか、どういう計画で練習を

していくかを発表します。

もちろん全体で理解を共有することが大切なので、みんなからも

質問や意見が出ます。

 

それぞれパートに分かれて練習したり…

7月14日の本番。3年生はしっとりと美しい歌声をわたしたちに

聴かせてくれました。

歌に対する理解が深まっていればこその美しい歌声でした。

「音楽の匠」さんたち お疲れさまでした。りっぱな匠ぶり

でした^^

 

 

 

 

 

更新日:2017.08.02 Wednesday | カテゴリー:3年生


ピースツアー 〜 3年生希望者 〜 広島平和記念公園

JUGEMテーマ:なぎさstyle―未来を切り開く可能性の芽は無限大!

 

昨日7月20日、3年生の希望者27人、保護者兄弟等含めて58人の

ピースツアーを開催しました。

大変暑い日でしたが、参加した子どもたちはみんな意識が高く、

熱心に説明を聞いたり見学したりしていました。

 

原爆ドームを裏手に回ったところで、ボランティアガイドの活動を

なさっている方のお話も伺うことができました。

学校から折り鶴を持って行き、献納しました。

この折り鶴は図書室の柳川先生の呼びかけで、図書室を利用する時、

子どもたちが率先して折ったものです。

図書室へ送られてくる荷物の中にきれいな青い紙が入って

います。それを小さく切って折り鶴にしています。

青いのはそういう理由です。

 

 

 

なぎさ公園小学校では、4年生時にピースウォークという

プログラムがあります。

平和について深く考えるものです。

3年生でピースツアーを開催するのは、そのプログラムへの

アプローチの意味があるのです。

子どもたちは、この日平和への思いをさらに強くして帰途につきました。

 

 

更新日:2017.07.21 Friday | カテゴリー:3年生


田の草取り ー 3年生 ー お米作りは八十八手間^^

 

先週の金曜日(7月7日)に、3年生は「田の草取り」をしました。

教材園の田んぼは無農薬ですから、稲の間に草が山ほど生えています。

みんなおっかなびっくり…最初は腰が引けていました。

しかし、自分たちで植えた愛する田んぼです。

一所懸命に田の草取りをしていました。

 

田の草取り機も導入しての作業です。

 

田の草取り機なんて、初めて見た子ばかり、慣れないうちはなかなか

うまくいきません。

 

 

でも、みんなで取ったので、ずいぶんきれいになりました。

 

大変な作業でしたけれど、子どもたちは楽しく取り組みました。

手間暇をかけて大切に育てること、良いものは手間暇がかかるのだ

ということを体験から学んでいきます。

 

 あっ 大切なことを忘れていました。

田んぼの隣の畑では、スイカがもうずいぶん大きくなっていました。

こちらも楽しみです♪

 子どもたちも楽しみにしていますが、カラスも楽しみにしている

はずなので、そこが心配です^^

 無事に育つようスイカにも手間をかけなければなりません。

 

 

 

 

更新日:2017.07.12 Wednesday | カテゴリー:3年生


ダンゴムシの赤ちゃん♪ー生き物はみ〜んな なぎさっ子の友だち^^

 

 先週のことです。登校するなり、職員室へ息せき切ってきた

3年生の女の子(二人)がいました。

興奮気味の二人は、理科の先生に手の中のものを見せています。

「先生!ダンゴムシの赤ちゃん!」「ダンゴムシがね 赤ちゃんを産んだよ!」

 

えっ!ダンゴムシの赤ちゃん!!! わたしもたまらず駆け寄って見せて

もらいました。だって、ダンゴムシの赤ちゃんなんて結構長く生きていますが、

見たことはありません。

 

彼女たちは登校途中で、このダンゴムシを見つけて大事そうに手の中に入れて

学校まで持ってきたのです。感動しました。

こんな小さな命の芽生えを登校途中に見つけることができるその感性に感動

しました。

 

なぎさっ子にとって、自然は遠いものではなく、自分たちのいる

世界を包んでいるものであり、他の生き物たちは大切な友だち

なのです。

ダンゴムシは卵生ですが、メスは体の中にずっと卵を持っていて、

おなかの中で孵化して外に出てくるのだそうです。

出てきたものは脱皮を繰り返して大きくなっていくのですって^^

こんな小さなものが…

みんなに見せた後、ダンゴムシをいたわるように、大急ぎで

外へ逃がしに行きました。

自分たちも自然の一部であり、他の生き物の命も

とても大切なものなのだということが感覚として

養われているのでしょう。

 

 

 

更新日:2017.06.12 Monday | カテゴリー:3年生


堆肥からつくるの?!−全部を自分たちでやりたい!−3年生理科

 

「《堆肥からつくりたい!》と言ったなぎさっ子たちは初めてです^^」

3年生の理科を担当する先生が嬉しそうに教えてくださいました。

 

「全部自分たちで調べて、《先生はぬかを用意してください》って、

言われたんです。」とも。

 

3年生は今、野菜など植物を育てるための堆肥つくりに取り掛かっています。

材料は教材園から出た材料(刈り取った麦の茎や枯葉など)や

沼田校舎にもらった馬糞、ぬか等

タイムキーパーがいるので、時間配分も自分たちでします。

「後〇〇分だよ〜」

先生は見守りとサポート係です

自分たちで発案したことなので、みんなせっせと仕事をやります

真剣で楽しそうです♪

 

お水をかけます。みんな真剣そのもの。ちゃんと発酵してくれると

いいねぇ

 

上に覆いをして、発酵させます。

子どもたちは片付けなど仕事の手順も見事でした。

担当の先生が、「私はほとんど何もやることがないんですよ^^」と

目を細めて頼もしそうにおっしゃっていました。

全部自分たちでやるんだ!という気持ちが率先して行動する

ことにつながっているんですね。

この「堆肥つくり」はたくさんの学びが詰まったプログラムに

なっているようです。

 あっ 「堆肥つくりの匠はいるの?」と聞いたら、

3人の子がさっと手を挙げました。

 頼もしい!!!

 

 

更新日:2017.06.02 Friday | カテゴリー:3年生


匠(たくみ)シリーズ第一弾・第二弾−1年生を迎える会の匠・遠足の匠−3年生

 

 今年度、3年生では「匠(たくみ)シリーズ」を展開しています。

 

 「匠(たくみ)シリーズ」ってなんのこっちゃ?とお思いでしょう。

 

これは3年生のなぎさっ子たちが「匠(たくみ)」を目指して、

いろいろなプログラムを自分たちの手で運営するものです。

 

 今、「1年生を迎える会」の匠と「遠足」の匠が生まれました。

 

まず、「1年生を迎える会」の匠のみなさんです。

3年生は1年生にビオトープでの遊び方を楽しく愉快に教える出し物をしたのですが、

出し物中の寸劇の台本や歌の準備、練習の計画、練習中の仕切りなどすべて匠候補たちが

進めました。わからないことは自分たちから先生方に聞き情報収集して組み立てました。

その結果、「1年生を迎える会」は大成功。会場中が笑顔になりました。

「匠」のみなさんの仕事ぶりは素晴らしかったですよ^^  

見事「匠」になったみなさん おめでとう!

 

そして、こちらは「遠足の匠」のみなさんです。

遠足を安全に楽しく、そして思い出深いものにするために、匠候補生たちは

さまざまな準備をして、出発式、行き帰りの道中、着いた場所での活動とずっとリード

してくれました。

 お陰で、とっても楽しい遠足になったんです。

見事「匠」への道を完遂したみなさん おめでとう! 立派な「匠」です。

 

 

 そして、おまけ…。

見事な「匠」たちですが、事後「先生 リーダーって大変だぁ」って呟いたそうです。

 

これを聞いて、先生方はその成長ぶりや取り組みの真剣さ、志の高さに感服!

だって、こんな感想が出るってことは、本当に自分の仕事になっていたってことですから。

 

 そして、他の3年生たちもまた素晴らしいんです。

終わった後、みんなが「匠」への評価や感謝を付箋に書き、真ん中に写真をはった画用紙に

その付箋をつけて、「匠」のみんなにプレゼントしました。

 

※これはまだ写真を貼る前

 みんなは、「匠」さんたちの仕事をよく見ていて、嬉しい評価が多かったです。

こうやって、お互いに伝えあい、受け取りあって、学んでいきます。

 

 これから、さまざまなプログラムの「匠」が生まれる予定です。

それぞれのプログラムの「匠」候補生は公募制ですが、いつもたくさんの

希望者が出ます。これからもどんどん紹介していきますね。

 3年生を修了するころには、見事な「匠」の集団になっていることでしょう^^

 

 楽しみです^^

 

更新日:2017.05.19 Friday | カテゴリー:3年生


今日は田植え日和ー3年かえで組ーはだしで田んぼへ

 

昨日は3年椿組さんの田植えでした。

今日は3年楓組さんの田植えです。

なぎさっ子の植えっぷりを見に行きました。

 

田んぼは、教材園の一番海側にあります。

手前の麦の穂がきれいな黄金色になってきています。麦秋ですね^^

まず、先生に田んぼの構造や入り方、植え方などの説明を受けます。

なんだか楽しいようなドキドキするような感じです。

いざ!

田んぼの中へ  ちょっと及び腰です

 

 

教わった通りに植えてみます。なかなか筋がいい♪

なかなか上手に植えられました^^

少し足りないところは、みんなが帰った後、先生が手助け…^^

これから、水の管理や夏の田の草取りなど、手間暇かけて、秋の収穫まで気が抜けません。

 

なぎさ公園小学校の教材園は一年中フル稼働!もう少ししたら麦刈り。夏の麦茶作り。

手前の玉ねぎは「わ食弁当の日」におかずとして活躍する予定です。

トマトの苗もずいぶん大きくなりました。

このキャベツは、理科でアオムシを観察するためのもの。

 

ジャガイモもすくすくと育っています。

 

 子どもたちは実際に自分で種を蒔いて、育てて収穫します。その間観察を

怠らず、野菜や植物の生長を学びます。これはビオトープの生き物でも同じです。

 初めから終わりまで一貫して行うので、植物博士や動物博士、生物博士がたくさん

できるのです。

昨日も、「カワニナとタニシの見分け方」を教えてくれた3年生がいました。

小さな先生がたくさんいて、いろんなことを教わることができます。

お陰さまで、わたしもずいぶん物知りになったんですよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

更新日:2017.05.11 Thursday | カテゴリー:3年生


遠足(3年生)井口台公園でお日さまと自然とみんなと♪

 

4月28日(金)の遠足、3年生は井口台公園へ行きました。

途中別の公園で一休み^^

降り注ぐお日さまの光と木々のそよぎ、草花、みんな。

めいっぱい楽しい遠足となりました。

 

出発前のオープンスペース。遠足の道程や注意点などを

確認して、出発式です^^

途中で出会うさまざまな植物に興味津々です

 

いろんな遊びをしました

野の草や花で冠やブレスレットを作って、「先生にもあげるね」

遊びはいつも真剣です。作戦を練らないとね。

 

先生も真剣です^^

お弁当はいつにもまして楽しい♪

「美味しいで〜す♪

 

 遠足では、お日さまや風や木々や草花や生き物や… 自然の中にあるもので、

伸び伸びと遊びます。

 その時のお日さまの匂いも、風のそよぎも、友だちの笑顔も大切な記憶として

保存されます。

 大人になって、そういう記憶の宝物にどれほど助けられることか。

 

 

 みんなの笑顔は最高です^^

 

更新日:2017.04.30 Sunday | カテゴリー:3年生


絵画造形−新聞迷路(3年生)― つないでつないで、切って、貼って、つないで…

 

3年生の絵画造形「新聞迷路」

子どもたちの好奇心と創造力が発揮される授業です。

 

まず、椿組さん

 

最初はこんな感じです

 

本当に迷子になるような迷路を作ろうと、みんな真剣に取り組んでいます。

普段はシューズのまま机の上にあがったりはしませんが、この時は特別。

上がったり下りたり、縦横無尽に活躍しなければなりませんから…。

ずいぶん迷路らしくなってきました。

 

途中にのぞき窓をつけたり、いろいろと工夫がなされています。

まだまだ満足しないようですね^^

 

次は楓組さん

 

最初はこんなところから始めます。

 

思い思いにつないだり貼ったりしています。

 

あらっ 面白い副産物が…

 

向こうの世界はどんな世界?

まだまだ…

こちらもまだまだ…

 

切り取ったら笑顔が見えました。

こちらもまだまだ続きます。

 

このプログラムでは、子どもたちが思いっきり活動できるので、

大人気です。シンプルな新聞という材料で、子どもたちの世界は、

どんどん広がっていきます。最後には新聞の迷路だということも、

忘れているのではないかしら^^

 

 

 

 

更新日:2017.04.27 Thursday | カテゴリー:3年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

イメージ

↑ページの先頭へ